オールナイトパチンコはなぜ三重県だけ営業できるの?その理由を解説

フィーバー!

三重県のパチンコ店長をやってみたい、元店長の”ななしー”です。

 

今回は、なぜ三重県のパチンコ店だけオールナイト営業ができるのか?について、その理由を解説したいと思います。

三重県だけではなく、全国の都道府県でやったらいいのに…って思いますよね。

でも、三重県のパチンコ店だけができるのには、ちゃんとした理由があるのです。

 

気になる答えは、すぐ下に書いてあります。↓

 

オールナイトパチンコはなぜ三重県だけ営業できのか?

パチンコ店が深夜営業どころか、オールナイトで営業ってなぜ?って疑問に思いますよね。

その理由は、三重県伊勢市にある伊勢神宮が関係しています。

 

皆さん、初詣はどこの神社に行きますか?

僕は、寒いので春まで行きません(笑)。

三重県にある伊勢神宮と言えば全国的にも有名で、年末年始の初詣には毎年約50万人が参拝します。

50万人ですよ!50万人!

ちなみに、東京ドームが満員で5万5千人です。その約11倍の人数ですね。

 

 伊勢神宮の膨大な参拝客のトイレと駐車場の確保

これだけの人が、年末年始に集中して訪れるわけですから、当然問題が発生します。

それは、トイレと駐車場の問題。

伊勢神宮だけのトイレや駐車場だけでは、とても足りません。

 

そこで「じゃ、パチンコ店のトイレと駐車場を開放して参拝客に利用してもらおう。寒いので暖を取ってもらおう。」と言うのが、この三重県のオールナイト営業が可能になった始まりです。

これが知ってる人は知ってるけど、知らない人は知らない三重県だけができる”オールナイトパチンコのカラクリ”です。

 

 三重県のパチンコ店なら全域でオールナイト営業が可能

伊勢神宮は、その名の通り三重県の伊勢市にあります。

普通に考えると「伊勢神宮の参拝客のためのオールナイト営業なら、伊勢市だけができるの?」って思います。

 

でも、後述する条例は三重県全域に対して有効ですので、伊勢市以外の三重県内全域の市町村でもオールナイトパチンコは可能になります。

何かちょっと本来の趣旨とは違うような気もしますが、パチンカー・スロッターにとっては嬉しい限りです。

 

ちなみに伊勢市ってどこか知ってますか?

松坂市や鳥羽市、志摩市に隣接する三重県の南部に位置します。

鈴鹿市や四日市市よりも、もっと南の方角ですね。

 

 

松阪市と言えば、松阪牛。

鳥羽市と言えば、鳥羽一郎。

志摩市と言えば、志摩スペイン村。

伊勢市と言えば、伊勢神宮とオールナイトパチンコ発祥の地。

 

 都道府県別の条例と風営法の営業可能時間

パチンコ店を管理している風営法では、深夜0時~翌朝6時までは営業ができません。

え?じゃ、通常時でも深夜0時までは営業できるの?って疑問に思うかもしれませんが、この風営法とは別に、各都道府県の条例でパチンコ店の営業時間が規制されていて、この条例が優先されます。

だからパチンコ店の営業時間は、都道府県ごとにバラバラなんですね。

全国的に見ると、おおよそ9時~10時に開店して、22時~23時閉店の都道府県が多いです。

 

そして、三重県のオールナイトパチンコは、1985年に条例で特別に認められた営業時間です。

その内容は・・・

「12月31日の朝9時~1月1日の深夜25時までの最大40時間の延長営業が可能」

です。

 

実際には、36~38時間ぐらいの営業のホールが多いように思えますが、それにしても40時間近くもぶっ通しで営業ってスゴイですよね。

店員は、やってらんね~ってならないのでしょうか。

 

通常、条例は法律よりもその規制内容を甘くしてはいけませんが、風営法には「習俗的行事その他の特別な事情のある日には、条例で定めることができる」と言う条文があります。

伊勢神宮の初詣は、この「特殊な事情のある日」に当てはまると判断され、パチンコ店のオールナイト営業が認められたわけです。

どうでもいいことですが、「情事のある日」と読み間違えるとかなり大変です(笑)。

 

パチンコ店の営業時間は、風営法では深夜0時~翌朝6時は不可。

更に風営法が許す範囲内で、各都道府県の条例で規制されています。

 

そして三重県のオールナイトパチンコは、風営法が認めている「特殊な事情」により特別に許可されて実現しているわけです。

このような理由を知らないと「なぜ三重県だけ?なぜ年末年始だけ?」と疑問に思いますよね。

 

 

 オールナイトパチンコに反対の意見もある

今や年末大晦日のお祭り的イベントにもなっている、三重県のオールナイトパチンコ。

今年も行きますか?

そしていくら負けますか?(笑)

 

でも中には、このオールナイトパチンコに反対する意見もあります。

例えば治安が悪くなる、イメージが良くないなどです。

 

確かにパチンコを打たない人にとっては、オールナイトパチンコはメリットがありません。

近年は、三重県外からもオールナイトパチンコ目当てで、若者がたくさん来ますからね。

駐車場やコンビニで騒いで、トラブルになったこともあります。

 

また、このオールナイトパチンコが条例で許可されたのは1985年。

当時は、まだ全国的にコンビニがあまりなかった時代です。

確かに、参拝客はトイレに困りますよね。

 

でも、今は令和の時代。

右を見ても左を見ても、コンビニだらけです。

コンビニは、基本24時間営業。

と言うことからも、もうパチンコ店がオールナイト営業する必要がないのでは?と言う反対意見もあるのです。

 

そう言えば、三重県って2000年までスロットが禁止だったって知ってましたか?

当時、スロットを打ちたい三重県人は、わざわざ県外まで遠征していたのです。

それから思えば、オールナイトパチンコは年末年始の一大イベントとなり、毎年全国から大勢の人が訪れます。

三重県のパチンコ事情は、昔からちょっと特殊ですね。

 

【まとめ】伊勢神宮の参拝客対策と言う特別な理由から

三重県のパチンコ店だけが、年末~年始にかけて最大40時間ものオールナイト営業ができるのは、伊勢神宮の参拝客にトイレや駐車場を提供すると言う名目からです。

風営法では、本来深夜0時~翌朝6時までは営業できませんが、三重県の条例で「特別な事情がある日」として特別にオールナイト営業が認められています。

もちろん条例は三重県全域に有効ですので、伊勢市だけでなく四日市市や鈴鹿市などのパチンコ店でもオールナイト営業ができます。

 

現在はコンビニが乱立し、オールナイトパチンコの本来の意味合いが薄れていますが、年末年始のお祭りイベントとして、毎年多くの人が三重県内のホールに訪れます。

 

オールナイトパチンコに反対する意見もありますが、一度許可してしまったものを再び禁止にすることは、これもまた”禁止に反対する意見”があって難しいと思います。

三重県のパチンコ店にとっては、オールナイトは超ボッタクリ営業で稼ぎ時ですので、禁止に反対する気持ちも分かります。

 

実は、僕も20年ほど前にオールナイトパチンコに行ったことがあります。

当時は、まだ”ラッキーナンバー制”だったのですが、夜中の3時に”サービスタイム”とかやっていて、かなり不思議な気持ちになったのを今でも覚えています。

ちなみに釘は、低価交換にも関わらず恐ろしいぐらい閉まっていました。

 

他の地域でもあるような「深夜1時までの延長営業」などよりも、思い切ったオールナイト営業の方が楽しくていいですよね。

もし、三重県のオールナイトパチンコに行く場合は、軍資金20万円ぐらい持って行った方がいいですよ(笑)。

 

 

2 件のコメント

  • 神社別
    初詣参拝者数ランキング

    1位 明治神宮 約319万人
    2位 伏見稲荷大社 約277万人
    3位 住吉大社 約260万人

      ・
      ・
      ・

    21位 伊勢神宮 約62万人

    三重だけトイレ貸す必要ありますか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。