スロットで目押しがいらない機種は?できなくても打てる台2019まとめ

フィーバー!

老眼で目押しができない、元店長の”ななしー”です。

 

今回は、スロットの目押しができない初心者の方必見!

目押しがいらない機種についての口コミを集めてみました。

 

ホールでの機種選びの参考にしてみて下さいね。

2019.11.17 追記しました。

 




スロットで目押しがいらない機種2019の口コミ

 6号機はほとんど目押しがいらない。【北斗天昇】がおすすめ

2019.11.17 追記

 

スロットは6号機に変わってきていますので、ほとんどの機種で目押しは不要です。

ただ、レア子役をきちんと揃え、ちゃんとチャンスかどうかを確認するためには、目押しは必要となります。

主に、スイカやチェリーです。

機種によりますが、赤の子役、緑色の子役です。

 

基本的には、様々な色の7かBAR図柄を狙えば揃うので、高い技術介入はいらないです。

誰もが最初は初心者ですから、初めから目押しがうまくいくわけではありません。

4号機や5号機に比べたら、6号機は私からしたら少々つまらないなと思う時もありますが。

 

おすすめしたい機種は北斗天昇です。

チャンスゾーンに入りやすいですし、液晶がとてもきれいです。

液晶画面に、チャンスゾーンにいるかどうか出るので分かりやすいです。

ポイントを貯めてチャンスゾーンに入ったり、ボーナス直撃したりします。

 

ボーナス当選後に目押しをする必要はありません。

勝手に赤7か、BAR図柄が揃います。

メダルの増え方も早いですし、通常時も1000円でかなりのゲーム数を消化することができるのでおすすめです。

 

 

 【北斗の拳天昇】なら目押しいらずで楽しめる

2019.11.17 追記

2019年11月の新台「北斗の拳天昇」は、目押しのできない初心者の方にも打ちやすい機種です。

ゲームフローは、通常時からチャンスゾーンを経て、ATに突入します。

このATをループさせることによって、出玉を増やしていくタイプになっています。

 

チャンスゾーンは2種類あり、ゲーム数から突入する「断末魔ゾーン」と、子役などで貯まる世紀末ポイントが1000ポイントで突入する「世紀末ゾーン」です。

チャンスゾーンからのバトルに勝利すると、「激闘ボーナス」に当選します。

ここで、3回連続バトルに勝利すると、AT「天昇ラッシュ」に突入します。

 

AT中は、押し順ナビに従い消化するだけですので目押し不要です。

色付図柄の目押し狙いなどがないので、安心して打つことが出来ます。

 

この「天昇ラッシュ」は純増6.3枚のループ率85%ですので、出玉が面白いように増えていきます。

獲得期待枚数が1000枚を超えるので、一度ATに入ればかなり熱い展開になります。

 

北斗の拳天昇は、6号機で楽しみながら打てる目押しのいらないスロットのひとつです。

目押しに自信が無くて機種選びに迷っているならば、一度打ってみてほしいです。

 

 

 【北斗天昇】は勝手に7が揃うので目押しがいらない

2019.11.17 追記

スロット北斗天昇(6号機)はATです。

目押しはいらない台です。

当たりの際の7は勝手に揃いますので、目押し不要です。

チェリーやスイカは揃えられればなお良いですが、目押しできなくても問題ありません。

 

打ち方は決まってないですが、中押しから押す人が多いと思います。

画面に押す順が出た際は、それ通りに押せば大丈夫です。

 

右下にあるポイント、1000ポイントを貯めると当たりやすいゾーンに入ります。

もちろん当たらない事も多いです。

 

画面も大きくきれいで、初心者でも楽しめる台だと思います。

6号機ですので、一撃の最高は2400枚までです。

一撃枚数は決まっているので、コツコツ増やしていくって感じです。

 

設定で大きく左右される台ですので、高設定を打つとより枚数も期待できるでしょう。

映像で高設定がわかる演出などもあり、そこも楽しみの一つになると思います。

スロットの北斗シリーズはとても人気で、6号機の天昇もおすすめできます。

 

  【結城友奈】は目押しがいらない

スロットで目押しのいらない機種といえば、現行ホールに設置されている台だと「ダクセル」と言うメーカーのほぼ全機種が該当します。

一部の機種では、貪欲に勝ちにいくなら1/250程度の9枚役を取りこぼさないようにしなくてはいけないんですが、これは無視していいレベルです。

逆に狙うと時間効率が悪くなるので、まず初心者の方は目押しする必要はないでしょう。

 

もう2019年ですので、さすがに「ささみさん」はホールで見なくなりましたが、

 

・結城友奈は勇者である

・空のおとしもの

・サムライガールズ

・ウィッチクラフトワークス

 

このあたりが、まだホールで見かけるダクセルの目押しのいらない機種です。

スペックが辛い台が多いと言われるダクセルの台ですが、逆に初心者の方にはお薦めの機種だと思います。

目押しがいらない、美麗なアニメのストーリーが楽しめる、サウンドも絶品です。

 

そして何より、初心者の方でもフリーズを引けばなんとか勝負になる可能性が高いからです。

コイン持ちも、ほぼこれら全部の機種が1000円あたり平均45回転以上、目押しなくても回るのでお薦めです。

 

ボーナスは狙えと言われますが、揃わなくてもボーナスは始まります。

ボーナス消化中は、押し順ナビに沿って打つだけです。

目押しはいらないですね。

 

ダクセルの機種の中で1番のお薦めは、『結城友奈は勇者である』です。

まどマギ以上の残酷な展開のアニメの第一期を、ボーナス消化中に見ることができます。

ある意味目押しの必要はいらないですが、画面に見とれて押し順を間違える可能性はあるかもしれないです。

 

そして、上乗せ特化ゾーンの満開です。

主役のそれぞれ特性の違う上乗せが発生します。

 

原作通り、結城友奈が出てきたら期待が熱いのはお約束ですが、複合しますので思いがけない枚数上乗せが発生することもあります。

基本的には友奈(ピンク)と夏凜(赤い衣装)が出てきたら、期待するようにするといいでしょう。

なお上乗せは、ゲーム数ではなく枚数で発生しますので気をつけるといいです。

 

『結城友奈は勇者である』は、目押しもいらなく初心者でも勝てる可能性もあるのでオススメです。

 

 

 目押しがいらない上に大勝ができる【ミリオンゴッド】

「ミリオンゴッド~神々の凱旋」~は、誰でも楽しめるように目押しが不要のシステムとなっています。

目押しをする事で楽しめる場面も増える事はありますが、基本的に目押しはいらないです。

非常に人気が高いスロット機種ですので、多くのパチンコ店で取り扱っている特徴があります。

 

遊び方としては、非常に簡単です。

 

ゲームの流れですが、最終的に液晶にて奇数図柄が揃えば大当たりになります。

内部状態がありますので、少し知識を身に付ける事によって楽しさは倍増する機種です。

 

大当たりをするとAT機種になり押し順が発生しますので、ナビに従って打つとメダルが増える仕組みです。

押し順が出現しない時は、目押しがいらないので大丈夫です。

 

「ミリオンゴッド~神々の凱旋」は、打ち方自体は非常に簡単なので初心者向けでもありますが、目押し意外の注意点は非常に多くあります。

まず大当たり確率が重たい(低い)ので、投資が大きくなるパターンが非常に多いです。

そのため、勝負に熱くなってしまう方には不向きでもある機種です。

 

そして天井がありますが、非常に強力な恩恵があります。

損をしたくない方は、期待値を勉強して財布に無理のない程度で楽しむ必要があります。

後からハイエナされて腹が立つと言う方にも、「ミリオンゴッド~神々の凱旋」は向いていない機種です。

 

とても波が荒い機種となりますので、設定が低くても一撃がとても大きい特徴があります。

そのため、次に座った方が大量獲得をする事も珍しくありません。

 

最後に、いくら目押しがいらないと言えども、AT機の押し順間違えのペナルティに注意をして下さい。

 

「ミリオンゴッド~神々の凱旋」は初心者でも簡単に遊技ができ、目押しをする必要もなく一撃の大量獲得も可能です。

スロットの醍醐味を味わえる機種ではありますが、依存症にならないように十分な注意が必要となります。

そのため、お金に余裕のある方だけにおすすめの目押しいらずの機種です。

 

 【ミリオンゴッド】は目押しいらず

以前は、スロットと言えば目押しが付きものでした。

目押しが出来ないことで、数枚から数十枚のコインを取りこぼしてしまうということも。

 

最近でも、Aタイプのような機種は目押しを必要としており、目押しが苦手な初心者の方にはお勧め出来ません。

そんな中で現在のホールの中で、目押しが苦手な人でも楽しめる機種を紹介したいと思います。

 

今回お勧めするのは、ユニバーサルブロスの「ミリオンゴッド神々の凱旋」です。

こちらの台は、通常時は基本的に目押しがいらないフリー打ちでOKです。

 

原則的に変則打ちは禁止となっているので、順打ちかハサミ打ちで消化していきます。

途中で通常演出や、BETボタンを押した時に液晶画面に演出が現れることがあります。

こういった場合は画面に押し順が表示されるので、その指示通りに押すだけで良いです。

 

また途中でプッシュボタンが画面に表示されることもあるので、その場合はまずプッシュボタンを押してから、その後の画面表示を確認します。

とにかく、基本的には液晶の表示通りにボタンを押すだけなので、目押しいらずで難しいことはまったくありません。

 

ただし、AT中に赤の7を目押しする場面があります。

これを揃えることが出来ないと気分的に面白くないのですが、機械の内部的には全く問題ないので、もし揃えることが出来なくても全く気にする必要はありません。

 

目押しが一切いらない、不要と言える機種がこのミリオンゴッドなのです。

目押しのいらない初心者でも楽しめるミリオンゴッドですが、非常に波が荒い台なので、調子が良ければ大勝も狙えますが、それなりに投資も必要な台なので、負けた時の金額も大きくなりがちです。

周りの台の動きなども観察しながら、しっかりと台を選んで打つ必要があります。

 

 

 目押しがいらない【アナターのワイフゆるせぽね】

「アナタのワイフ ゆるせぽね」は、初心者でも簡単に遊戯できるスロット機です。

 

ノーマル+RTタイプの機種となりますが、ボーナスを揃える時にも目押しは一切いらないのです。

そのため、目押しが絶対に必要とされる場面はなく、初心者向けの機種です。

 

ゲーム遊技の流れとしては、ボーナス重複するレア小役を待つ事になります。

特殊リプレイは、目押しをすると揃えられる状態になる事もありますが、失敗してもボーナス自体が消滅する事はありませんので損はありません。

 

ゴッド揃いをすると、700ゲームのRTに突入しますので大量出玉のチャンスになります。

基本的にゴッド揃いをしないと出玉は増えないスペックとなりますので、目押しこそいらないですがある程度の運が必要となります。

ゴッド役も、フリー打ちで目押しがいらないフラグとなります。

 

注意するべき点は特にありませんが、技術介入をすると得をする事も多いです。

通常時のチャンス目(1枚役)成立時に目押しをする事で、払い出しを獲得する事も出来ます。

また、ボーナス中には一度だけ特定の小役を取得する事で、最大獲得枚数に調整が可能になります。

 

しかし、基本的なゲームの流れとしては目押しがいらない機種ですので、練習をするついでに軽く遊ぶと言った気持ちで遊技が出来ます。

RT性能に関しては、現状維持程度ですのでボーナスを多く引く事が出来れば大量出玉になります。

押し順はありませんので、安心して打てる機種でゲーム数消化で終了です。

 

設定1でもハネスロ並のボーナス確率となっており、大当たりを楽しめる機種ですが、小役確率が他機種よりも悪いのでメダルはすぐに減ってしまいます。

そこに注意をしながら楽しく遊ぶ機種です。

 

 

 【バジリスク絆】【戦コレ徳川家康】は目押し不要

目押がいらないスロット機種は・・・

「バジリスク絆」

「凱旋」

「ハーデス」

です。

 

これらの機種は、目押しがいらないので初心者でもOKです。

どれも店のメイン機種にしているところが多いので、設定も期待?できそう。

 

通常時は、左からの順押しだけで目押しはいらないので狙わなくてOKです。

AT中は、押し順のナビに従うだけです。

 

小役は、勝手に液晶に揃います。

確定役(凱旋、ハーデス)、上乗せ特化ゾーン(凱旋のG-STOPやPGG、ハーデスのジャッジメント、絆の真瞳術チャンス)で狙うように指示されるけど、揃わなくても内部的には揃うので大丈夫。

狙えた方が揃った時に気持ちいいし、楽しいですけどね…。

 

あとは「戦国コレクション徳川家康」

これも目押がいらない機種です。

ただ一回しか打った事ないので、詳しいフローはわかりませんが、周期抽選タイプだったかと思います。

 

Aタイプは目押しで揃えられないとダメなので、AT・ARTしか選択肢がありません。

どうしてもAタイプが打ちたいならば、できるようになるための投資ということで、小役・ボーナス揃えるように練習しなきゃダメですね。

 

ただ、今のパチンコ業界の動きだと縮小していく斜陽産業なので、もし未経験者ならば、無理してスロットを始めなくてもいいのかもしれません。

僕がスロット始めた時は、四号機だったのでぼろ負けもありました。

イベント日は、友達と前日夜から並んで翌日フラフラになりながらも打って、そのあと焼肉・キャバクラの豪遊、というのをやってました。

当時、大学生で時間もありましたし(今は既婚サラリーマンなので難しい)。

 

しかし現在はお客が少ないからなのか、パチンコ店もなかなか設定を入れてくれないです。

そもそも規制が全く違うのでなかなか厳しいですが、ぜひ楽しんでもらえればと思います!

 

 

 【沖ドキ】や【GODシリーズ】は目押しがいらない

目押しがいらない機種は・・・

アナザーゴッドハーデスなどのGODシリーズ。

 

打ち方は、オヤジ打ち(適当押しでOK)で目押いらないです。

押し順(AT中・大当たり中GODゲーム)は、押順に従いボタンを押すだけでOKです。

しかし、スロットの醍醐味である、7を揃えたり、特定図柄を揃えたりすることは、目押しする事で可能になります。

 

ただし、こちらの機種は、私からのアドバイスとしては5円スロットでの遊戯をお勧めします。

20円スロットだと、1万円がすぐ”ごみくず”のようにすぐ消えます。(笑)

 

コインが出るスピードも早いですが、その反面吸い込むスピードも半端ないです。

お金の感覚が麻痺します。

初心者の方が遊戯するなら、覚悟して遊戯されることをお勧めします。

 

目押しができない方であれば、本来は、ジャグラーシリーズをお勧めしますが、現在のホールでは、基本的に店員さんが目押するサービスは厳禁となっております。

(ジャグラーシリーズは、ボーナス成立時は目押し必要となります。)

目押しがいらないスロットを遊戯したいのであれば、バジリスク絆、など多数ラインナップがございますが、私からのお勧めとしては、沖ドキをお勧めします。

(実際のホールにいくと、ご年配の方も多く遊戯されております。)

 

ただ、こちらの機種も吸い込みスピードは半端ないです。

5万10万平気で負けますし、その反面5万10万と平気で出る時もあります。

こちらの機種は、ボーナスが成立(花のランプが光るだけ)し適当押ししていても、勝手に7か77バーが揃います。

 

結局、パチンコ・パチスロはギャンブルであり、リスクは付き物です。

ギャンブル依存症にならない程度での、ご遊戯をお勧めします。

結局は、自己判断です。

 

 

スロットで目押しがいらない機種2019の口コミのまとめ

口コミにもありましたように、ゴッドシリーズや沖ドキは確かに目押し不要で打てますが、他の機種に比べて軍資金がいっぱい必要なので気を付けて下さいね。

 

そして、目押しが不要な機種で目押しの練習をしながら打つのが、僕は理想だと思います。

誰でも初めから目押しができるわけではないですし、練習した分だけうまくなるのも事実です。

スロットの醍醐味は、目押しです。

 

今回、口コミに挙がった機種は目押しいらずで打てますが、目押しができてプラスになることはあっても、マイナスになることはありません。

ボーナス図柄が目押しできるようになれば、ジャグラーなどAタイプが自力で打てますし、もっと上手くなればディスクアップにも挑戦できますからね。

 

機種選びに迷っている初心者の方は、ぜひこの口コミを参考にして欲しいと思います。

また定期的に追記して行きたいと思います。

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。