スロットの目押しは動体視力が悪いと見えない?初心者へのコツは?


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

今回は、スロットの目押しについて書いてみます。

 

スロット初心者の人は、なかなか絵柄が見えなくて目押しができないこともあると思います。

やはりスロットの目押しって、動体視力が悪いとできないのでしょうか?

そんな初心者の人が、目押しができるようになるコツを僕の経験から考えてみます。

 

下の目次から好きな所に飛んで下さいね。

 




スロットの目押しは動体視力が悪いと見えない?

僕は初めてパチンコ店のスロットを打った時、目押しができる友達がすごいと思った記憶があります。

確か機種は、4号機の初代ニューパルサーでしたね。

自分に目押しなんかできるのかな?って思いましたが、ちょっとしたコツをつかめばBIGの「7」やREGの「BAR」は目押しができるようになりました。

 

さて、スロットの目押しの上手さでよく言われるのが「動体視力」。

動体視力とは、動いているものを認識する視力のこと。

止まっている(静止している)ものを見る視力は、静視力と言います。

大型トラックの免許を取る時には、深視力も必要です。

 

車の運転中は常に周りが動いているので、この動体視力が大切だと言われています。

それではスロットの目押しでは、動体視力が必要なのでしょうか?

 

答えは、BIGやREGのボーナスを揃えるぐらいなら、動体視力が悪くても目押しには全く問題はありません。

ただし、スロットのリールの図柄を直視しようとするのなら、やはり動体視力が良くないと目押しは難しいです。

(直視とは、高速回転しているリールの図柄を、そのまま目で追って認識することです)

 

では、なぜ動体視力が悪い人でも、ボーナス図柄の目押しができるのか?を説明しますね。

 

 

スロットのボーナス絵柄「7」は目立つ

スロットの初心者の人は、どうしても「目押しは難しい」「自分には何も見えない」と思い込みがちです。

でも実は、スロットを打つ際に重要な図柄って「7」と「BAR」、つまりBIGとREGの図柄ぐらいです。

リプレイとかベル・チェリーなどたくさん図柄がありますが、これらの小役は見えなくてもほぼ問題ありません。

というか、僕も見えません(笑)。

 

そしてこのBIG図柄である「7」は、メーカーがわざと目立つように造っています。

BIG図柄の「7」は、他の小役の図柄に比べて明らかに目立ちます。

図柄の大きさも一番大きく、色も赤色などで目立ちやすく、しかも金色などで縁取りされていればキラッと光って反射します。

 

BIG図柄である「7」は、他の小役図柄よりも目押しがしやすいのはこのためです。

だから動体視力が良い、悪いに関わらず、誰でも「7」を見つけることができ目押しができるようになります。

具体的なコツは、後半で書きますね。

 

高速回転しているリールの中から、「7」という図柄の形をハッキリと探し出すのは動体視力が良くないと無理です。

リールの回転速度に追いつく、動体視力が必要です。

 

でもBIG図柄の「7」は、他の小役図柄より大きかったり色が目立ったり、そして光ったりします。

「7」という形をハッキリと目で追う必要はなく、「何となく大きい図柄」「何となく赤い塊」「何となく光っている所」程度で見えれば、目押しすることができるのです。

 

反対にこうした「大きさ」「目立つ色」「反射して光る」などではなく、「7」という図柄を高速回転中のリールの中から「7」という形でハッキリと見つけることを「直視する」と言います。

この場合は、動体視力が悪いと「7」を見つけることができません。

あのリール窓の上から下へ、一瞬にして流れていく無数の図柄の中から「7」を判別するのには、やはり動体視力が必要なのです。

スポンサーリンク

 

スロット初心者への目押しのコツは?

ではスロットの初心者が、目立つBIG図柄「7」を目押しするコツを考えてみます。

 

まず大事なことがひとつあります。

スロットの目押しをする際に、その図柄が見えることと目押しができることは「=(イコール)」にはなりません。

 

スロットで目押しができるようになるには・・・

 

①対象の図柄が見えること

②対象の図柄を狙った位置でストップボタンを押せること

 

の2つが必要です。

だから、図柄が見えたからと言ってすぐに目押しができるわけはなく、見えた図柄を狙った位置でストップボタンを押すことができて初めて「目押しができた」と言えるのです。

 

とは言え、まずは図柄が見えないと話ならないので、目立つBIGボーナス図柄「7」が見えるようになるコツを紹介します。

大丈夫、動体視力が悪い人でもきっと目押しができるようになりますよ。

 

リールの両隅を見て目押し

まずはコレ。

多くの人がこの方法で、BIG図柄である「7」を目押ししています。

 

初めにも書きましたが、ボーナス図柄である「7」は他の小役に比べて大きくリールの幅一杯に描かれています。

そのため、リールの隅(縁)をよ~く見ると、このBIG図柄の「7」の端っこだけが通過していくのが見えるはずです。

 

リール自体は白色です。

リールの中央を見つめてしまうと、小役を含めてすべての図柄が通過していくので動体視力が悪いと何も見えません。

でもリール幅一杯に描かれている「7」なら、リールの白地に「7」だけが通過していくので、動体視力の良し悪しに関係なく「7」を目押しすることができます。

 

リールの左端と右端それぞれチェックしてみて、「7」だけが”はみ出して”いるのを探して下さい。

初心者の人は、どうしてもリールの中央を見てしまいがちですが、リールの隅っこを見るのです。

 

 

光る図柄を探して目押し

これは機種によりますが、BIG図柄の「7」が金色や銀色で縁取りされて描かれている機種があります。

そのため、リールの蛍光灯にその縁が反射して、「7」が通過する際にキラッと光るのです。

 

ポイントとしては、リールの上部を見るようにすることです。

スロット台は、リールの上部に蛍光灯が付いていますので、リール窓に「7」が上から現れた瞬間にキラッと光ります。

もし見つけられないようでしたら、少しリールを下から覗き込むようにして見て下さい。

ホールによっては、スロット台と椅子との高さが違いますので、下から覗き込む(見上げる)感じでリールを見ると、キラッと反射するのが見つけやすいと思います。

 

何となく赤い塊を見つけて目押し

ボーナス図柄である「7」は、大抵目立つように赤色や青色をしています。

しかも「7」の図柄自体が大きいので目立ちます。

このためリールを何となくでも眺めていると、赤い塊が通過していくのが見えるのです。

 

これは直視ではありませんので、動体視力が悪い人でも見えると思います。

直視の場合は「7」の図柄がハッキリと見えますが、直視でない場合は、何となく赤い塊が見えるのです。

 

バックライトに透けている図柄を探して目押し

こちらも機種によりけりですが、BIG図柄の「7」が透けるように描かれていて、リールが通過する時に「7」自体がキラッと光るのです。

これは、リールの内側にあるバックライトの光が透けて見えるためです。

 

先程のリール上部が光るのは、蛍光灯の光が反射して見えるのですが、こちらは反射ではなくリールの裏の光が透けて見えるのです。

もちろんこの目押しの方法も、動体視力が悪くても大丈夫です。

 

リールの継ぎ目を狙って目押し

この目押しの方法は、直接BIG図柄の「7」を狙う方法ではありませんが、けっこう使える目押し方法です。

それは、リールのつなぎ目を狙って目押しするのです。

 

スロット台のリールは、必ず「つなぎ目」があります。

このつなぎ目は、正面から見るとあまり見えませんが、リールを横から見ると「ガクッ」っとリールの白地部分が波打つので、すぐに見つけられます。

 

なぜこのリールのつなぎ目を狙うかと言うと、大抵の機種はこのリールのつなぎ目付近にBIG図柄の「7」が配置されているからです。

左・中・右と3リールとも、ボーナス図柄がつなぎ目に配置されている機種も珍しくはありません。

 

 

まずは目押ししてみよう

初心者向けの目押しのコツは他にもありますが、僕が試して欲しいのはこれら4つです。

そしてもし何かが見えたら、とりあえずそれを目押ししてみて下さい。

自分が見えているものが何かを確認するのです。

 

BIG図柄の「7」は、1リールに2つある場合が多いです。

自分が今見えているのは、一体どちらの「7」なのか?

もしくは、全然違う他の図柄なのか?

 

リールの縁にはみ出しているもの、キラッと光るもの、何かの色の塊、透けて光るもの、ガクッとなる所・・・

何でも良いので、何かが見えればとりあえずそこで目押ししてみるのです。

とにかく、何か見えたらそれを目押ししてみましょう。

初めは誰でも目押しはできませんので、何度も何度も繰り返し練習することが目押しができるようになるコツです。

 

後は目押しのタイミング

何らかの方法で「7」を見えることができるようになったら、後は目押しのタイミングです。

もうこの目押しのタイミングは、練習あるのみです。

リールが1回転する感覚を体で覚えれば、この先どのスロットを打ってもほぼ同じタイミングで目押しができるようになります。

一度覚えてしまえば後は楽なので、この目押しのタイミングは繰り返し繰り返し練習あるのみです。

 

初心者の人へのコツとしては、リールはストップボタンを押した所で必ず停止するわけではありません。

内部で当選していない役は、絶対に揃わないです。

 

反対に内部で当選した役は、全力で揃えようとリール制御します。

そのためリールは、ストップボタンを押してから最大で4コマ(4図柄分)すべることができるように設計されています。

ストップボタンを押してから、最大でリールが4コマ分下方向へ動くのです。

 

また当たり前ですが、リールは必ず下方向へ回転し、上方向つまり逆回転は絶対にしません。

何が言いたいかというと、初心者の人への目押しのコツとしては、ストップボタンを押すタイミングは、どちらかというと早い方が良いのです。

目押しする目的の図柄を多少早めにストップボタンを押してしまっても、リールが最大で4コマ滑ってくれアシストしてくれるからです。

 

反対に目押しのタイミングが遅いと、全く揃える事ができません。

リールは上方向(逆回転)はできないからです。

図柄が通り過ぎてしまってからストップボタンを押しては遅いので、気持ち早めで押すのがコツですね。

 

まずは、スロットのリールが1回転するタイミングを体で覚えましょう。

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。