スロット6号機の最高枚数(出玉)報告まとめ!万枚突破は無理・不可能か?


スポンサーリンク


フィーバー!

いまだに爆裂4号機の余韻に浸っている、元店長の”ななしー”です。

 

今回は、「出ない、もう無理」と言われている6号機の最高枚数(出玉)についてです。

 

5号機と比べれば確かに一撃の破壊力はなくなりましたが、一体6号機は最高枚数(出玉)がどれぐらい出るのでしょうか?

スロッターの憧れ、万枚の突破は無理で不可能なのでしょうか?

 

皆さんの口コミを集めてみました。

 



リゼロなら万枚狙える!6200枚が最高枚数

6号機の最高枚数(出玉)は、ずばりRe:ゼロから始める異世界生活(Re:ゼロ)で出しました。

最高枚数(出玉)は、枚数は6200枚です。

 

その出玉を出した時は、朝一でホールにディスクアップを打ちに行ったのですが満席で取れず。

仕方がないので、新台のRe:ゼロの空いている台に座りました。

 

すると、朝一のコンビニ(数回転)で「246円でーす」と言われ(246確定)が出たので、とりあえず回してみようと思い回しました。

序盤は少しモミモミした展開でしたが、1度完走したのをきっかけに深いハマりもなく、出玉のグラフはコンスタントに右肩上がりに伸びました。

 

そして、純増が3000枚を突破した16時ぐらいのAT終了画面で、6確が出てびっくりしました。

元々、Re:ゼロは設定の判別材料が揃っている機種ではないので、これには助かりました。

 

その後はとにかくブン回したのですが、21時すぎから最深部まで連れて行かれたのが痛かったです。

 

その日の報告をさせてもらえば、6号機最高枚数(出玉)の6200枚出ました。

とても満足です。

 

6号機のスロットでも、Re:ゼロなら万枚は無理ではないと思います。

だって2400枚出すのに30分ぐらいで出るので、それを4回完走すれば良いだけなので、ヒキ次第では余裕で万枚出せると思います。

 

 

鏡の設定6で7000枚、6号機でも万枚は狙える

スロットの6号機の最高枚数(出玉)は、HEY!鏡の7000枚です。

6号機はコイン持ちが良く、設定判別も簡単な所が良いですね。

 

最高枚数(出玉)7000枚をHEY!鏡で獲得することができた日の稼働報告としては、鏡に力を入れてるホールの旧イベント日でした。

朝から展開が良く、ドライブゾーンでもチャンス目を良く引くことができ、出玉グラフも右肩上がりで好調台。

各設定判別要素も設定6をぶっちぎっており、閉店までぶん回し状態でした。

 

お昼過ぎには、設定6確定の画面も拝むことができました。

判別要素が豊富な所も、6号機の良いところです。

 

右肩上がりで出玉をぐんぐん伸ばし、最後は慶四郎チャンス中に閉店を迎えました。

今回は7000枚の獲得で終わりましたが、最後の失速がなければ万枚も狙えた展開だったのではないかと思います。

 

6号機になり2400枚までの規制も入り、万枚突破は無理なのではないか…と思われる方もいらっしゃると思います。

今回のように設定6と引きが噛み合ったり、設定1でも完走させまくれば万枚突破も不可能ではないと思います。

事実、最高獲得枚数が万枚突破してる6号機もたくさんあります。

 

 

6号機で万枚突破は無理

5号機初期から、6号機初期のユーザーです。

現在は引退して、4か月ほど行ってません。

 

6号機で最高枚数(出玉)は、聖闘士星矢SPのおそらく6設定での実践です。

6号機から設定判別が容易になって、低設定は規定枚数までいく1発型、高設定ほど初当たりが軽く伸びない、というグラフで見ればすぐに設定判別ができます。

 

その時の出玉は、6時間で投資が141枚(47枚貸し)の回収が1943枚でした。

最高枚数(出玉)が全盛期の小当たりくらいの枚数な時点で、正直万枚は厳しいです。無理だと思います。

 

もし、現状で万枚を突破するのであれば、制限をなくした7号機、もしくは現行の5号機を打つ他ないと思います。

それでも、付き合っていかなければいけないのが6号機です。

 

出玉面は衰えたかもしれませんが、タイアップ台の演出や液晶の精度は年々高くなって、高揚感のあるものとなっています。

加えて、そこまで出ない訳ではないので、小さな爆発が一日に何度も来れば、5000枚ぐらいなら期待できると思います。

 

現行の6号機の設定判別は容易ですから、しっかりと設定示唆や設定差を意識して立ち回れば、安定して勝てる機種だとも思います。

演出面も、こらからの機種に期待をしましょう。

まだまだ、6号機は始まったばかりです。

 

 

リゼロで5千枚、万枚は無理に近い

スロット6号機の一番人気機種、Re:ゼロから始める異世界生活にて設定6を打ちましたので、その報告です。

 

6号機では、設定6のみ別格となっている機種が多く、このリゼロも同様です。

設定判別要素はたくさんあるのですが、今回は昼過ぎに、白鯨攻略戦に負けた際に6確定画面が出ました。

一日を通して白鯨戦は24回あり、うち22回が突破という驚異の突破率でした。

モードAもたったの1回であり、ほぼ200ゲーム代での当選でした。

 

しかし、朝一から閉店まで打ちましたが、最高枚数(出玉)は5639枚でした。

6号機では、万枚を出すのは不可能に近いと思います。

 

しかし、5号機に比べて設定6の安定度は段違いです。

5号機ですと設定6の勝率は70%ほどですが、6号機では95%以上は勝てる見込みとなっています。

反対に設定1を掴むと負けもすごくなりますが・・・。

 

6号機は一撃万枚ということはありませんが、安定して勝つことを狙うなら6号機も十分にありだと思います。

事故はないので、いままで以上に設定を見極める力が必要になってくると思います。

 

今後も6号機での自己最高枚数(出玉)を目指して、打ち続けていきます。

6号機でも万枚突破が可能な機種が出るかもしれませんから、期待はしておきたいと思います。

スポンサーリンク

 

6号機は5千枚突破で上出来

自身がスロットの6号機で獲得した最高枚数(出玉)は、一撃では2400枚で機種はリゼロです。

設定判別は2以上の示唆で、AT突入率もあまり良くなかったので完走して即やめしましたが、AT完走し最高枚数(出玉)の2400枚出たのでそこそこ楽しかったです。

 

リゼロで万枚を狙うとなると、高設定でAT中にどれだけ上乗せできるかになると思いますが、正直無理かな思います。

実際、万枚報告はあまり聞いてませんし… 。

高設定で5000枚突破できれば上出来なんじゃないかと感じます。

 

6号機の中で最高の純増なので、出玉感はかなり早いです。

その分、ATがあっという間に終わってしまうのが少し残念な感じがあります。

 

6号機で万枚狙うのに一番近い機種は、このリゼロだと思います。

AT初当たりが軽く、コンスタントに1000枚を積み重ねていけたら、もしかしたら万枚突破も夢ではないかもと思います。

 

設定がわかりやすい点も、立ち回りとしてもやり易いです。

ちゃんと設定を使っている店なら挙動もわかり易いので、高設定を狙いは比較的に容易ではないかなと思います。

 

アニメのキャラもいいので、リゼロは是非皆さんに打っていただきたい台の一つです。

他にも色々と台がありますが、6号機で打つなら自分はリゼロが一番いいと思います。

 

 

最高枚数は2千枚、6号機で勝ち続けるのは難しい

私は、現在32歳の男性会社員をしています。

4号機時代からスロットを経験している者です。

 

6号機の最高枚数(出玉)は2105枚となっています。

現在の6号機の最高枚数(出玉)は2400枚のようでありますが、未だにそれに到達をしたことがありません。

過去に万枚を出したこともあるのですが、6号機では万枚が難しいと思うと、例え勝っているとしても本当にむなしく思うことがあります。

 

6号機でありますが、純増枚数が6枚など消化や突破が早いのですが、設定の判別が難しいと思っています。

私は、6号機のいろいろな体験談や報告などを見ていますが、どれも「昔のほうがよかった」という感想ばかりでした。

 

スロットの性能自体は本当に進化していると思いますが、現在の6号機で勝ち続けるのはかなりの無理があると私は実感をしています。

4号機のような北斗をまた開発してくれなどと無理は言いませんが、せめて5号機の転生のようなスペックをまた出して欲しいと私は思っています。

 

ですが、スロットやパチンコ人口が減少をしているようなので、それも無理かもしれません。

現時点でスロットを辞めることが、一番の解決策だと思っております。

 

 

5千枚程度なら6号機でも狙える

スロットの6号機は無理、という声をよく聞きます。

確かに6号機は、一撃で万枚出るようなことはありません。

 

ただ、1000枚突破率はこれまでの機種よりも高く、また設定判別がしやすい台も多いです。

パチンコ店としても高設定を使い易いので、設定6がツモれる機会も多いでしょう。

 

個人的な6号機での最高枚数(出玉)は4000枚程度ですが、短期間のうちに何機種かで最高枚数(出玉)を確認しています。

言い換えれば、万枚のような出方はしにくいものの、5000枚付近の出玉の報告は多く、これまでの機種とは違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

 

6号機の魅力としては、出玉速度にあります。

純増5枚程度はよく見かけますし、夜あたりから打ち初めても十分楽しめます。

6号機は一撃性に制限があるので、増えたり減ったりを繰り返しながら差枚を稼いでいく、と言うような遊び方がメインになるような気がします。

 

6号機でも、最高枚数(出玉)が万枚を越えるような報告もあるかもしれませんが、それはかなり珍しいケースです。

5000枚程度の差枚数なら期待はできるでしょう。

今後も、6号機の新台からは目が離せません。

 

 

一撃は無理でもトータルで万枚突破は可能

スロットの現行機種である6号機についてですが、最高枚数(出玉)の規制があるため、そんなに出ないんじゃないかってイメージを持つ方が多いと思います。

自分の最高枚数(出玉)ですが、いわゆるATの完走を何度もしたことはあります。

 

一番出たのはチェインクロニクルという機種で、よく珍しい機種と言われますが、2連続で完走と軽い初当たりとで、交換した枚数は5000枚とちょっとでした。

6号機ではATの規定ゲーム数などもあるので、どうしても万枚到達などはしません。

もちろん、一撃で万枚といった報告はありません。

 

ただ、完走すれば2000枚は突破しますし、設定の判別方法も豊富な機種もあります。

なので、6号機は一撃万枚突破などの夢はありませんが、設定の看破さえできれば、終日とかの立ち回りでのトータル万枚突破などは無理ではないと思います。

どの機種が万枚出やすいとかは正直難しいですが、6号機でも十分に万枚を突破できる可能性はあるのではないでしょうか。

 

パチンコも設定付きがでたり、スロットも年中規定が変わったりしていますが、個人的には5.9号機よりかは6号機のほうが勝ちやすいんじゃないかなって印象です。

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、実際に6号機で万枚を突破した人はいませんでした。

でも、万枚を目撃したことはあるようですね。

 

また現在では、やはりリゼロが万枚突破に一番近い機種みたいです。

5千枚ぐらいなら、コンスタントに狙えそうですね。

設定6と引き次第では、6号機でも万枚突破も無理ではなさそう。

 

あなたの6号機での最高枚数(出玉)は何枚ですか?

コメント欄から教えて下さいね。

※「コメント」のみで送信できます。その他は空欄でOKです。

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。