パチンコの釘を触るのは違法?設定付きでも叩いたりいじれないの?


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

今回は、パチンコ屋の釘曲げ問題について考えてみます。

やはりパチンコの釘は、少しでも触ったら違法になるのでしょうか?

 

新しく登場した「設定付きパチンコ」でも、釘を叩いたりいじったりはできないのでしょうか?

 

答えが早く知りたい人は、下の目次から読みたい項目へ飛んで下さいね。

 



パチンコの釘を調整したり触るのは違法?

パチンコ台の釘は、新台入替時にメーカーから導入した状態より一切触ってはいけないです。

別にこれは今に決まったことではなく、昔から風営法で決まっています。

 

でもこの「釘を触るのは違法」と言うのが厳しくなったのは、ここ最近からですね。

 

僕が店長だった時は、当たり前のように毎晩毎晩、夜なべをして釘を調整して触ってました。

もうパチンコ台というものは、釘を叩いて触ることを前提にしたものです。

昔は、お客さんもホールの人間も、このことについて誰も疑いもなかったですね。

 

僕も釘を触ることに関しては、「釘は盤面に対しておおむね垂直」はぐらいは知っていましたが、そもそもおおむねって一体どれぐらい・・・?っていう感じです。

 

海物語シリーズでは、命釘が「親指サイズ」とかのイベントを、どこのホールもやってましたよね。

僕のホールは、親指が縦に入るサイズでしたけど(笑)。しかも子供の指。

ちなみに親指横サイズの本当のイベントだと、命釘は14.00以上で叩いていました。

 

・・・どうでしょうか?

さすがにここまで釘を触って開けると、たぶん「おおむね垂直」ではなかった気がします。

誰が見ても釘を曲げてましたね。

叩く・触る・調整なんてレベルではなく、あからさまに「釘曲げ」というレベルです。

 

こういうのが原因で射幸心を著しく煽るといわれ、ここにカジノ法案も相成って、今の「釘は触るな。調整一切不可」になったのです。

 

釘を触ることが露骨に厳しくなったのは最近ですが、もともと昔から禁止されています。

パチンコ歴が長い人は当たり前に知っていることですが、最近始めた人の中には知らなかった人もいる・・・いないですよね。

 

釘を触らないと営業が成り立たない

でもですね・・・こうして法律で釘を触ることが禁止されていても、中にはこっそりと釘を触っているホールがあるのも事実です。

というか、釘を触らないとパチンコ店は経営が成り立ちません。

 

パチンコ業界では、昔から長年ずっと「釘を触って叩くのは暗黙の了解」だったので、釘を触ることを前提とした経営をしてきました。

それを今更、「パチンコの釘は一切触るな。叩いて調整は禁止」と言われても困ります。

これがパチンコ業界の人間の本音です。

本当に今更言われても困る。

 

パチンコ台がメーカーから導入された状態のまま・・・と言われても、全国にはたくさんのパチンコ店があり、その営業形態の様々です。

 

まずは交換率。

等価交換や高価交換・低価交換と、それぞれが同じ釘調整で営業ができるわけがないです。

それに今は、低価貸しのパチンコも人気です。

1パチや0.5パチとか言われてるやつです。

基本的に低価貸しのパチンコは、4円パチンコより釘を渋くしないと経営が成り立ちません。

 

又、パチンコってギャンブルです。

出たり出なかったりするから面白く、お客さんが打ってくれるのです。

 

つまり玉を出しっぱなしではパチンコ屋が潰れてしまうし、閉めっぱなしではお客さんは面白くなく離れていってしまいます。

この「出たり出なかったり」の出玉のメリハリを、ホールは釘を触って調整しているのです。

 

交換率に貸し玉料金、それに出玉のメリハリ。

 

これらの営業スタイルの差を、釘を一切触らずに行うの無理です。

釘を一切触らずに全く同じ釘で、メーカーから導入されたままの釘で営業を続けるのは絶対に無理です。

 

今もコッソリ釘を触っているホールがあるのも事実ですが、別にむやみに警察に反抗したいわけでもなく、釘を触らないと経営ができないからなのです。

繰り返しますが、いまさら「釘を触るな、叩いて調整は禁止」と言われても困るというのが本音です。

 

パチンコの釘を触るな、ということは、スロットの設定を毎日変えずに同じ設定で経営しろ、と言っているようなものです。

等価交換・高価交換・低価交換、20スロも5スロも、新台入替えの日も年末年始の回収時期も、ずっと同じ設定で経営しろと言われているのと同じこと。

 

オール設定1固定では、確実にお客さんが飛びます。

オール設定6固定では、確実にパチンコ屋が潰れます。

 

では、中間設定のオール3とか4でやりますか?

でも等価交換では、経営が成り立たないです。

7枚~8枚交換では、魅力がありません。というか、お客さんは勝てません。

 

6枚交換ぐらいなら何とか・・・?

あなた、オール設定3や4の6枚交換のスロット打ちたいですか?

こんな設定状況は、つまらないですよね。

出玉に期待できないし、魅力がない。

ギャンブルであるパチンコは、勝負の結果に魅力がないとお客さんはお金を使いません。

 

低設定があるからこそ、高設定を入れられるのです。

もっと言えば、閉める回収日があるから、玉やコインを出せる日もあるのです。

 

このようにパチンコで釘を触るな、ということは、スロットの設定を変更するな、と言っているのと同じです。

本当にこの「釘曲げ不可」は、もう無茶苦茶だと思います。

パチンコ屋に潰れろ、と言っているようなもの。

まあ、実際そういう意味もあるのですが。

 

でも法律で「釘を触るのは禁止」となっているので、ホール側も何も文句が言えないのも事実です。

パチンコ店は、警察の許可を得て営業しているので、警察の言うことを聞かざるを得ません。

 

警察も人間ですから、反抗して感情的にさせてしまっては、以後本気になって取り締まってきます。

釘を触ること以外でも色々とアラ探しをされて、営業停止に追い込まれます。

パチンコ店が、100%風営法を完璧に守って経営するのは不可能ですからね。

 

道路交通法などを100%守って、車を運転するのが不可能なことと同じようなものです。

ウインカーは30m手前で、交差点は徐行、タイヤのスリップサイン、守れていますか?

最近は、横断歩道上の歩行者優先の違反の取締が強化されています。

 

オービスだって、キッチリ法定速度で光る訳ではありません。

だいたい赤キップになる速度超過で、オービスは反応すると言われています。

オービスが1kmでもオーバーして反応するように設定されていたら、もれなく通過するほぼ全車が撮影されてしまうでしょう。

 

例えがちょっと適切でないかもしれませんが、パチンコ屋にとって釘を触るなということは、これぐらい無茶なことを突きつけられたようなものなのです。

 

設定付きパチンコでも釘を叩いたりいじれないの?

さて、釘を触れないとパチンコ屋は経営が成り立ちません。

そこで(再び)登場したのが設定付きパチンコ。

大当たり確率が設定によって変えられるので、釘を触る必要がないというのがその理由です。

 

もちろん設定付きパチンコでも、釘は触れません。

釘を触れないから設定を付けたわけで、なおさら釘調整は不可です。

万一釘を叩いたりいじったりしたら、即稼働停止や営業停止になります。

 

設定をもっと増やせば釘をいじらなくて済むのでは…

「Pスーパー海物語IN沖縄2」なんかは、6段階の設定が付いています。

各設定の大当たり確率差が小刻みになっており、ホールの営業スタイルに柔軟に対応できそうです。

設定6だけ極端に甘い”見せ設定”ではないので、さすがにこの辺りは天下のメーカー三洋ですね。

 

でもね・・・いくらパチンコに設定を付けても、釘を触らなくて済む代わりにはならないのです。

パチンコの釘は、何も命釘だけを触っているわけではないのは承知の事実。

大当たり出玉や確変中の持ち玉、オマケの入賞口など釘を触るところはたくさんあります。

 

それにパチンコの釘って、バランスが重要。

それぞれを単独で触るのではなく、全体的なバランスを考えて調整するのです。

 

冒頭の「親指サイズ」の場合でいうと、命釘は思いっきり開けますが、その代わりに大当たり出玉や確変中のベースは、お客さんが我慢できる極限まで閉めます。

釘師って言われる人がいるぐらい、その調整方法は千差万別です。

例え同じ機種でも、釘が全く台は2つとないでしょう。

これに更に、換金率や貸玉料金の違いがあるわけですからね。

 

設定付きパチンコは、大当たり確率しか変更できません。

設定は6段階ですが、たったの6段階しかないのです。

6段階の設定だけでは、今までの釘調整をとてもカバーできません。

 

もしパチンコの設定で今までの釘の代わりをするのなら、設定を20段階ぐらい変更可能にして、大当たり出玉や確変中の小デジ確率なども変更できるぐらいにしないと難しいのではないでしょうか?

 

つまり設定付きパチンコでも、ホール側の本音としては「まだ釘を触らないと経営が成り立たない」だと思います。

 

まとめ

パチンの台の釘は、触っていはいけません。

これは昔から風営法で決められていることで、今に始まったわけではないです。

でも、厳しく取り締まるようになったのは最近ですね。

「アオり運転」と同じ感じです。

 

新しく登場してきている設定付きパチンコですが、これも当然釘調整は不可です。

設定が付いていると言っても、変更ができるのは(通常時と確変中の)大当たり確率のみの6段階。

 

ちょっとこれだけでは、釘を触らずに・・・とは難しいでしょう。

少なくとも、お客さんにとっても今までのような「パチンコの魅力」がなくなります。

 

パチンコって、あのリアルに流れる”玉の動き”が面白いのです。

それが全台ショボい同じ釘調整だったら、いくら大当たり確率が違ってもパチンコを打っていてもツマラナイでしょう。

「大当たり確率しか差がないのなら、もうスロットだけでいいのでは?」っていう”パチンコ不要論”まであるぐらいですから。

スポンサーリンク




6 件のコメント

  • 時代が変わり規制も厳しくなったなら、それに対応していかないと、世間ではただの無能と呼ばれるんですよ。
    これまで釘曲げは暗黙の了解だった、釘曲げしないと経営が成り立たないって、ただの言い訳ですよね。
    これまで違法と知りながら、何の危機感も持たず、何の対策も取らずにいた事が原因でしょ?

    • 確かにパチンコ業界は、「何とかなる」という他人事の感覚があったのは否定できません。
      例えば検定期間は3年なのに、「みなし」という”温情”ですからね。

      でもパチンコ店の気持ちを代弁すれば、「今更言われても・・・」なんですよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。