パチプロやスロプロの現役ってまだ今もいるの?存在するかの口コミまとめ


スポンサーリンク


フィーバー!

自分の店の常連客の中には、「自称プロ」がたくさんいた、元店長の”ななしー”です。

 

今回は、パチプロやスロプロの目撃談についてみなさんの意見を集めてみました。

パチンコもスロットも規制が厳しくなっている中、果たしてパチプロやスロプロの人は生き残っているのでしょうか?

 




パチプロ月収100万

自分の知り合いには、パチプロと元スロプロがどちらも存在する。

 

パチプロの人は、29歳の男性で現役である。

彼は、毎日地元のパチンコ店を巡っている。

日によって出やすい店、出にくい店というのがあるらしい。

朝の9時の開店に備えて、毎日朝早くから並びいい席を確保する。

 

また、パチプロ仲間のネットワークもあるらしく、みんなで情報共有をしながらパチンコ店の情報を把握している。

朝9時から仕事を始め、条件次第では閉店までいたりするらしいが、基本的には休憩を挟みながら時間帯に合わせて店に行くらしい。

 

平均して、月収は100万円ぐらい稼いでいる。

高卒からそんな生活で、そのお金で現在はBMWに乗っている。

まだ続けるらしいが、規制が厳しいのが悩みらしい。

 

元スロプロの方は32歳で、25歳から2年ほどスロプロをしていたらしい。

今はサラリーマンである。

 

彼もスロプロ仲間のネットワークがあったらしく、そこの情報を元に稼いでいたらしい。

しかし、年々厳しくなる規制や家族からのイメージの悪さを理由にやめてしまった。

月収30万円を切ることはなく、今の給料よりも高く戻れるのなら今でもスロプロに戻りたいと思っているのである。

 

 

主婦のパチプロ・・・?

今は付き合いがないママ友なんですが、「私パチプロになる!」と突然宣言した人がいます。

 

その人は、朝昼夜いろいろな時間帯にほぼ毎日同じパチンコ店に出没しています。

「スロプロの方が当たりがデカイけど、私センスがないから」なんて言ってたそうです。

この情報は、そのお店で働いている知り合いから聞きました。

 

こんな身近にパチプロが存在するなんて…まだ小学生の子供がいるのに、子育て中の現役主婦が何をしてるんだ、と呆れてしまいました。

しかも、その人は母子家庭で仕事もしていません。

不思議な暮らしぶりで、うちは旦那もいるのに行かれない高級焼肉店や寿司屋で、何度も彼女の家族が目撃されています。

 

私が仲良くしていたので「ねえ、あそこん家どーなってんの?」と聞かれますが、「パチンコで勝ってるんじゃない?」とだけ答えます。

彼女は今に始まったのではなく、結婚前からパチンコにハマっているので、25年以上のキャリア(?)と思われます。

 

そのうち「お金貸して」と言われそうなので、さっさと縁を切りました。

パチンコ店には、沢山のお友達がいて楽しそうにしているようですけどね・・・。

 

 

仲間はまだ現役でいる

私は元パチプロ、スロプロの”れん”といいます。

現在32歳で、プロ歴は一年余りしかありませんが、他にアルバイトなどは一切していませんでした。

 

マイホールは大体決まっていて、二店舗くらいを行き来していました。

たまにイベントなどで熱そうなホールに、遠出することもありました。

 

主に打つ機種はパチンコは海物語、萌えパチ全般でスロットはジャグラーなどAタイプ機種です。

月の平均収支としては、プラスに傾くことよりプラマイゼロか少しのマイナスのことが多いです。

ひと月15万程度は使ってトントンだったり、+10万以上の月もありました。

なにせお金がある訳ではなかったので、朝イチおいしそうな台を狙ったり慎重に台選びはしていました。

 

活動期間は一年であったのと、未熟なこともあり年収としては140万程度だったと思います。

そんな調子なので、もちろん貯金はできませんでした。

勝てた時などは、一気にブランド服を買ったりしていました。

負けたらそれをまた売るなどしていたため、何か残せたかと言うと何も残せなかったかもしれません。

 

今現在は一切足を洗い、ホールにまだ現役として存在する仲間とは関係を断ち、現在は子供もいるので二度と戻りたくないです。

スポンサーリンク

 

プロは次々に引退・・・

規制がかなり苦しくなったパチンコ業界にまだ、私の友人はスロプロとして存在する。

今、ギャンブル要素の脱却が激しいパチンコ業界で、次々のパチプロたちが引退を余儀なくされていく中で、いまだ現役として活躍している。

 

しかしここ数年は、パチンコだけでは生計もかなり苦しくなっているようだ。

それにより、引退に追い込まれた人たちも多いのも事実。

その中でも、パチンコに比べて必ずリールが回り天井のあるスロットでは、いまだにスロットだけで生計を立てている人もいるのだそうだ。

 

私の友人に話を聞くと、前に比べてホールで目にする顔ぶれはここ数年でガラリと変わってしまい、いつも待機スペースで一緒にいた人たちはどんどん姿を消していったという。

ただ、やはり収入はプロを続けていてもかなり厳しいそうだ。

 

車は、セダンを中古で購入。

今からYOUTUBEに参戦しても結果の見えている状態では、スロット台だけで勝負するのも中々厳しくなっているようだ。

 

 

知り合いにパチプロがいる

今現在、パチプロは全国存在しています。

私自身も、過去にスロプロを3年程していた時期がありました。

同業者はたくさんおり、私の場合はスロット専門でしたが、パチプロ方もいたりスロプロの方もいたりと様々なようです。

年齢的には、30歳未満の若者が多いと思います。

 

攻めるということに関しては、ホールが大事にしているメイン機種を軸にします。

当時はスロットに関していえばゾーン狙い、いわゆるエナブームの時期だったので、ほとんどがハイエナといわれる立ち回りでした。

 

現在は、イベントや来店規制があり過剰な告知はできません。

当時は、新台導入時には必ず設定を使うホールなどが多数あったため、高設定狙いでも十分に稼働でました。

 

月の収支であれば、週に4,5日の稼働で30万円以上は稼げていたと思います。

上振れ、下振れももちろんありますが、年収にすると500万円前後はありました。

当時、私がスロットで買ったもので一番高価な物は車です。

 

現在は、インターネットビジネスを生活の基盤にしています。

知り合いで、まだ現役でパチプロで生活している方はいるので、立ち回り次第ではパチンコ業界が存在する限りは続けられるのではないでしょうか。

 

 

貯メダルが80万のスロプロ

わたしが通うホールの2店舗のうち、1店舗によくいる人のことです。

その人は、他の常連客とは明らかに違う、スロプロなのでは?という男性がいます。

 

わたしは、パチンコはあまりやらないのでパチプロに関しては分からないが、必ずと言っていい程にマイジャグを打つその男性は相当マイジャグが大好きなようです。

おそらく年齢は40代前半。

 

午前11時にわたしが行く頃には、既に着席しておりそれもドル箱にほぼ必ず積んでいます。

わたしが連日昼だったり夜だったりどんな時間帯でも、行けばその男性は必ずいるのでおそらく仕事はしていないと思います。

そして他人なので細かい収支や生活事情は分かりませんが、スロプロでなければあんなに入り浸れないと思います。

 

なにより決定的だったのが、たまたまわたしの隣に男性が着席してきた時のことです。

貯メダルカードにストックされている、メダルの枚数に度肝を抜かれました。

サッとしか見れませんでしたが、額にして80万超えしていました。

 

パチスロ界の規制が始まったこのご時世に、今どきスロプロパチスロなどいるのか?と思います。

そんな中で、まだスロットで生計を立てて生活している人が存在する事に目を疑いますが、40代にして現役スロプロとして生活しているのはある意味強者だと思いました。

 

軍団やジグマがいる

パチプロやスロプロはまだいるのかというと、数はかなり減りましたがプロが存在するのは事実です。

私が今通っているホールは、パチンコの交換率が低く特定日には釘が開くことがあります。

昔ながらのパチプロは、それを目当てに来店するというわけです。

 

また高交換率のホールでは、パチプロというよりも軍団で活動するのが主流となっています。

現役のパチンコ台で期待値が取れるのは、北斗無双とAKBのバラの儀式くらいです。

千円で18くらいしか回りませんが、捻り打ちや電サポ中の止め打ちで出玉を稼ぐやり方で、なんとかやっていけるのです。

今スマホを見ながら打っている輩は、ほぼ軍団員といっても過言ではありません。

 

一方スロプロもいるのはいますが、現役でハイエナできる台がほとんどないのでかなり減っています。

それでも貯メダルがフリーの店で数万枚持って、毎日来ているジグマのスロプロは存在しているのも事実です。

彼らは設定狙いで、Aタイプの据え置き狙いで稼いでるようです。

 

まとめ

「プロ」とは、それで収入を得て生活をしている人のことを指す言葉だと思います。

だからと言ってパチプロやスロプロは、基本”自称”プロですから線引きが難しいですよね。

 

プロかと思ったら、毎月負けまくっている常連客だったってことは、僕が店長やっていた時によく聞いた話です。

 

「あのオジサン、パチプロ?」

「え?ウチの”お得様”です(笑)」

 

ともかく、現在はパチンコもスロットも厳しいです。

しばらくは、こんな状況が続くのでしょうか?

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。