沖ドキシリーズの種類の違いは?トロピカルやバカンスなど25と30も比較

フィーバー!

「〇〇パネル、〇〇バージョンは連チャンしやすい」は都市伝説です。

元店長の”ななしー”です。

 

沖ドキって打ったことありますか?

あまり知らない人には、何だか「沖ドキ〇〇」とかたくさん種類があって、それぞれの違いがよく分かりません。

今さら人には聞けないし・・・だからと言って知らないまま打つのもアレだし・・・。

 

と言うわけで、沖ドキの各種類(シリーズ)の違いをまとめてみました。

同じ「沖ドキ」でも、それぞれゲーム性が全然違いますよ。

 

すぐに各シリーズに違いを知りたい方は、下の↓目次から一番下の「まとめ」をご覧ください。

 




沖ドキシリーズの種類の違い

初代沖ドキが登場したのが、2014年の夏。

もう5年半も経ちますが、未だにホールでは人気の機種です。

 

そんな沖ドキシリーズですが、

・沖ドキ(初代)

・沖ドキトロピカル

・沖ドキパラダイス

・沖ドキバケーション

とあります。

 

初心者の人や普段沖ドキを打たない人には、それぞれのゲーム性の違いが分かりません。

パネル違いや、25パイと30パイもありますからね。

 

今回は沖ドキに詳しい人に、打ち手目線での各シリーズの違いを解説してもらっています。

データ(数字)では分からない違いを、この記事から感じ取ってもらえればと思います。

早速どうぞ^^

 

 バカンス・ラブリーは初代のパネル違いで、25パイ30パイとの違いもない

28歳 男 スロット歴10年

沖ドキシリーズの各違いについて説明します。

沖ドキバカンスバージョン・沖ドキラブリーバージョンは、25パイ・30パイ問わず、スペック上は全て初代の沖ドキと同じものになります。

違いは外観だけです。

 

沖ドキバカンスバージョンは、「沖ドキ!」の文字が下パネル全面を使って書いてあり、25パイは全体的に青色・30パイはオレンジ色をしています。

ラブリーバージョンは、下パネルの半分程が顔の見えない女の子の水着姿となっております。

25パイは全体的に青っぽい筐体で、パネルの女の子のバストが強調された作りになっています。

30パイは紫っぽい筐体で、パネルの女の子は横を向いて髪をかき上げているセクシーな女の子です。

 

初代沖ドキのスペック面での他のシリーズとの大きな違いは、朝一のリセットモードが存在している・初回からBBが出てくる可能性も全然ある・極端にメダル持ちが悪い、といったところです。

 

次に沖ドキトロピカルですが、こちらは「初代沖ドキ」をマイルドにした感じの台です。

50枚当たりのゲーム数が沖ドキ23Gに対して、トロピカルは約40G程回ります。

代わりに、初当たりのほとんどがレギュラーです。

また、天国に上がりやすい状況というのがなくなった為、どこからでも天国に上がるのでいつでも1勝負できる仕様となっています。

 

沖ドキパラダイスは、ライトユーザー向けに前作のトロピカルを更に遊びやすくした感じです。

パラダイスは、設定6であれば合算が1/88程なので、自力で32G以内の連荘を引いて楽しむことができる仕様です。

 

最後に沖ドキバケーションですが、こちらは今までの機種とは異なり、純粋なAタイプとなっております。

バケーションは、パラダイスよりもメダル持ちが良い代わりに、ボーナス合算が少し重くなっております。

 

出るイメージがあるのは、「沖ドキ」や「トロピカル」といった方だと思いますが、実際に高設定の機械割が高いのは「バケーション」「パラダイス」になります。

 

 

 沖ドキの違いは初代・トロピカル・パラダイスはAT機、バケーションはAタイプ

38歳 男性 スロット歴20年

ハイビスカスが光ったらボーナス確定とわかりやすいゲーム性に、純増約3枚の疑似ATが連チャンする波の荒さが好評の沖ドキシリーズ。

それぞれの種類(シリーズ)で、どこに違いがあるのかというのをご紹介します。

 

まずは、初代沖ドキ。

発売から5年以上経過していますが、いまだに人気が衰えません。

ラブリーバージョンやバカンスバージョンといった複数パネルがありますが、スペックはすべて同じ。

また、一般的なメダル25パイと沖縄仕様の30パイでも分かれていますが、こちらもスペック自体は変わりません。

 

初当たりの確率や、当たり時の疑似ATゲーム数(BIGが70G、REGが30G)、連チャン率などがモードによって異なり、疑似ATに当選するごとにモード移行抽選が行われます。

こういったシステムも秀逸なのですが、モードを推測したりハイビスカスの光り方などによるモード示唆、設定判別要素もあるので、意外と知識介入度が大きい機種でもあります。

 

続いては、初代沖ドキの後継機である沖ドキトロピカル。

こちらは基本システムは同じながら、初当たりのメインがREGになる代わりに、コイン持ちが大幅に上がるなどマイルドな仕様に仕上がっています。

 

また、連チャン確定であるカナちゃんランプ点灯時は、BIGと次回連チャンモードが確定するなど、より熱くなるタイミングがわかりやすくなりました。

ですが、モード移行比率が変わってしまったので、初代と同じ立ち回りができず、稼働自体はそれほど高くないところが多いです。

 

沖ドキパラダイスは、沖ドキトロピカルの後継機に当たります。

基本システムはトロピカルを継承していますが、疑似ボーナスの出玉を少なくすることでさらに当たりやすくなり、前作以上にマイルドな仕上がりになっています。

こちらも、初代沖ドキほどの支持は得られませんでした。

 

最後は、沖ドキバケーション。

これは全く毛色が異なり、ジャグラーのようなリアルボーナス搭載のノーマル機です。AT機ではありません。

天井や意図的な連チャンはなくなりましたが、演出を踏襲したゾーンがあるなど、気軽に沖ドキの気分を味わうことができます。

 

沖ドキの各種類の中で、知識介入度が特別高い初代沖ドキが勝ちやすさとしては一番です。

シリーズごとに細かな違いがそれぞれあるので、お店の状況を加味して立ち回れば、どの機種でも十分プラスが見込めます。

 

 

 沖ドキ初代はコイン持ちが一番悪いが人気も一番ある

年齢30歳、スロット歴10年の男です。

沖ドキの種類(シリーズ)の違いを、 簡単に説明します。

 

初代沖ドキは、純増約3.0枚/1GのATの擬似ボーナスがあり、 BIGは70G継続で約210枚、REGは30G継続で約90枚のメダルを、押し順ナビに従うことで獲得できます。

コイン持ちは、約23G/50枚と少なめです。

 

当たりを抽選するモードが複数存在して、 連チャンモードに移行すると32G以内で当たります。

また、ボーナスの1G連もあり、当選時は告知が発生します。

ゴールデンハイビスカスバージョンのパネルが、初代になります。

ラブリーバージョン、バカンスバージョンのスペックは初代と同じで、見た目以外には違いはありません。

 

沖ドキトロピカルは、基本的なゲームフローは初代と同じです。

違う点は、REGが20G継続で約60枚とメダルの獲得枚数が減り、 初当たりは基本的にはREGとなっています。

その代わりに、コイン持ちが約40G/50枚と良くなっています。

 

沖ドキパラダイスも、こちらも初代と基本的なゲームフローは同じです。

前作との違いは、初当たりが軽くコイン持ちも約49G/50枚と良くなっています。

その代わりにBIGが40G継続で約120枚、REGが10G継続で約30枚と、メダルの獲得枚数が減っています。

 

沖ドキバケーションは、 BIGが最大312枚、REGは最大104枚の固定枚数のノーマルボーナスタイプです。

ボーナス中は押し順ナビが存在せず、 順押しフリーでメダルが獲得できます。

また、32G以内に必ず当たると言う連チャンモードは存在しません。

コイン持ちは、約32〜35G/50枚となっています。

 

各シリーズでの25φと30φの違いは、筐体が違うだけでスペックは同じとなっています。

 

遊びやすさで言うと、初代はコイン持ちが悪く遊びやすくはありません。

トロピカルは、コイン持ちがいい点では遊びやすいですが、 基本的には初当たりがREGで、獲得枚数が約60枚。

連チャンモードに上がらないと辛いです。

 

パラダイスは遊びやすい仕様で、 感覚的には初代の甘デジといった感じです。

バケーションは、モードなどを気にせずに打てるので、初心者でも打ちやすいと思います。

 

しかし、人気で言うと初代の沖ドキが一番です。

連チャンモードに上がった時の強烈な連チャン性、出玉速度は5号機でもトップクラスなので、ぜひ初代沖ドキを打ってみてください。

 

沖ドキの種類(シリーズ)の違いのまとめ

最後に、各沖ドキの種類(シリーズ)に違いをまとめます。

尚、各種類(シリーズ)には、それぞれ25パイと沖縄仕様の30パイがありますが、筐体の外観とコインの大きさの違いがあるだけで、中身のゲーム性などのスペックは同じです。

 

 沖ドキ(初代)

導入日 2014/8/18 アクロス

AT機。コイン持ちが千円で平均23Gと悪いが、未だにシリーズの中で一番人気がある。

連チャンが強烈。

 

 ラブリーバージョン・バカンスバージョン

上記の初代沖ドキのパネル違いで、スペックは同じ。

こちらも25パイ・30パイとそれぞれあるため、初代沖ドキは全部で6種類のパネルが存在する。

※もちろん、スペックは6種類とも同じ。

 

 沖ドキトロピカル

導入日 2016/3/7 ユニバーサルブロス

AT機。基本は初代と同じだが、コイン持ちが千円で平均40Gと良くなり、遊びやすくマイルドな仕様になった。

初当たりはREGが多い。人気はイマイチ。

 

 沖ドキパラダイス

導入日 2016/6/27 ユニバーサルブロス

AT機。ライトユーザー向けに、トロピカルを更にマイルドにした仕様。

設置しているホールは、かなり少ない。

 

 沖ドキバケーション

導入日 2018/6/18 アクロス

BIGとREG搭載のAタイプになり、更に遊びやすくなった沖ドキの第4弾シリーズ。

こちらも、設置しているホールはかなり少ない。

 

 

スポンサーリンク







 

※ベラジョンカジノに登録後、トップページからHawaiian Dream(ハワイアンドリーム)を選んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。