源さん韋駄天に当たりやすい回転数はあるのか?狙い目のゾーンについて解説!

超源RUSHの一撃出玉が魅力な、大工の源さん超韋駄天。

大連チャンを狙うのもいいですが、その前に初当たりを引かなければ話になりません。

そこで

・源さん韋駄天に当たりやすい回転数、狙い目のゾーンはあるのか?

について考えてみました。

 

結論を先に言うと…

源さん韋駄天に当たりやすい回転数やゾーンはありません。

いつ打っても、大当たり確率は同じだからです。

 

  沖ドキの後継機はこれで決まり↓ ハワイアンドリームの遊び方はこちらからどうぞ! 姉妹サイトパーラーオンラインカジノもよろしくね!

源さん韋駄天に当たりやすい狙い目の回転数はない

今のパチンコは、スロットと違って狙い目のゾーンなどありません。

だから、特別当たりやすい回転数なんてないですね。

もちろんこれは、大工の源さん韋駄天でも同じことが言えます。

 

よくデータカウンターの回転数を見て、そこから当たりやすそうな台を選んでいますが、ハッキリ言ってあれは無意味な行動。

遊タイム付きのパチンコならまだしも、源さんには遊タイムはないので、前回の大当たりから何回転まわしているか?なんて関係ないのです。

 

源さんの大当たり確率1/319は常に変わらず同じ

では、なぜ回転数を見ることが意味なのか?

この答えはカンタンで、大当たり確率はいつも同じだからです。

 

源さん韋駄天の通常時の大当たり確率は、約1/319ですよね。

この確率は、常に同じで変わりません。

大当たり確率が変わらず同じなら、いつ回しても当たる確率(期待度)も同じです。

朝一からでも夕方からでも、閉店間際に打っても同じ。

だから源さんには狙い目の回転数などないわけです。

 

1,000回転ハマっても当たりやすくなる訳ではない

人の心理として、「ハマったら当たりやすくなる」と感じてしまいます。

源さんでも1,000回転ハマリとか行くと「もう、そろそろ当たるだろう…」って思いますよね。

でも先ほど説明したように大当たり確率はずっと1/319。

1,000回転ハマっても、これが1/200とかに甘くなることはないです。

もちろん、2,000回転ハマっても1/319のままですね。

 

ハマっても当たりやすくなるわけではないので、当たりやすい回転数なんか存在しないわけです。

「ハマったら当たりやすくなる」というのは単なる人の心理的なもので、実際にはそんなことありません。

早い話が「気のせい」です。

 

超源RUSHが100連チャンしても当たりにくくなる訳ではない

反対に「当たりにくい回転数ならあるのか?」という疑問もあります。

超源RUSHが100連チャンとかした後だと、「もう暫くは当たらないだろう…」って思うのが心情です。

でも、超源ラッシュが100連チャンした後でも、1/319は1/319のままですよね?

連チャンしたからと言って、初当たり確率が1/500に下がることはないです。

 

大当たり確率が変わらず同じなら、やはり当たりにくい回転数やゾーンなどありません。

「連チャンしたら当たりにくくなる」と言うのは、やはり気のせいなんです。

 

確率は過去の結果に影響されないので回転数狙いは無意味

1,000回転ハマっても100連チャンしても、確率は変わらず同じです。

確率は過去の抽選結果に影響を受けず、常に一定だからです。

過去の結果がどうあれ、次の1回転で当たる確率は1/319。

源さん韋駄天は、1/319の”おみくじ抽選”を毎回転ごとに繰り返しているだけなんです。

 

つまり、データカウンターの回転数から当たりそうな台を予想したり、スランプグラフの波を読んだりするのは、全く無意味でオカルトな行動になります。

時には予想通りに当たることもありますが、それはたまたま偶然に1/319を引き当てただけに過ぎません。

 

源さん韋駄天に遊タイムやハマリの天井はない

ちなみにですが、大工の源さん超韋駄天には遊タイムは付いていません。

特定回転数まで回しても時短は発動しませんので、遊タイム狙いのハイエナも無意味です。

 

また現在のパチンコには、スロットの様な天井はありません。

源さんは1/319を引き当てなければ、理論上は何回転でもハマることになります。

「ハマっているから、そろそろ当たるだろう…」という根拠のない台選びをすると、更にそこからハマって痛い目に遭(あ)いますよ。

 

【結論】源さん韋駄天は回転数ではなく釘が良く回る台を狙うべき

源さん韋駄天で1,000回転ハマっている台が、次の1回転で当たる確率は1/319。

超源ラッシュ100連チャンした後の、次の1回転で当たる確率も1/319。

確率が変わるわけではないので、当たりやすい回転数などありません。

ゾーン狙いは、オカルトで無意味な行動です。

前回の大当たりからの回転数や、スランプグラフの波を読んでの台選びはやめましょう。

 

では源さんを打つ際は、どうやって台選びをすれば良いのでしょうか?

結局、パチンコは釘です。

具体的には千円あたり少しでも多く回る台、ボーダーラインを超える台を打つべきです。

確率が1/319で同じなら、例えば千円で15回しか回らない台よりも、千円で25回まわる台を打った方が当たりやすいですよね。

※この場合の当たりやすいとは、1/319が当たりやすいという意味ではなく、千円あたりで比較した場合に当たりやすいという意味です。

1,480ハマリしていても1/319。ボーダーを超えているのなら、そのまま打つべきです。

 

店が釘の開け閉めで出玉調整をしているのなら、お客さんも釘で台選びをするべきです。

パチプロも、釘で台選びをしています。

それなのに、なぜ回転数やゾーン狙いで台選びをするのでしょうか…?

 

全国のホールに源さん韋駄天が導入されていますが、どの台も大当たり確率は1/319です。

1万台あれば、1万台とも1/319。

ホールによって、また台によって当たりやすさに差はありません。

もし、大当たり確率が違う台があれば、それは裏基板ということになります。

では何が違うのかと言えば、それが釘なんです。

 

僕は、パチンコにデータカウンターなんか不要だと思っています。

(店員の)呼び出しボタンだけあれば十分。

回転数やスランプグラフなんか見て、どうするのでしょうか?

次の1回転で当たる可能性は、どの台も1/319ですよ。

確率ゲームであるパチンコにおいては、過去の抽選結果なんか関係ありません。

それよりも千円で少しでも多く抽選することができる、釘が開いている良く回る台を狙って打つべきです。

 

ハワイアンドリームの遊び方はこちらからどうぞ! 今なら登録ボーナスがもらえる!

姉妹サイトパーラーオンラインカジノもよろしくね!