パチンコファン感謝デーのくじ引きの抽選時間は何時?回数も合わせて予想してみた

2020年11月29日

ファン感謝デーで、1本3万円相当のヤクルトを飲んだことがある、元店長の”ななしー”です(笑)。

今回は、パチンコ業界で最大の謎イベント「全国パチンコファン感謝デー」のくじ引きについて書いてみます。

・このパチンコファン感謝デーのくじ引きって、一体いつ何時頃に抽選をするのかな?

・またくじ引きは、1日に何回抽選するのかな?

こんな疑問について考えてみます。

 

実際、パチンコファン感謝デーのくじ引きをしたことがある人なら分かりますが、くじ引きの時間や回数ってパチンコ店によってバラバラですよね。

僕のくじ引き抽選会が行われる時間の予想と合わせて、この辺を詳しく掘り下げてみます。

 

【先に要点】

パチンコファン感謝デーのくじ引き抽選の時間と回数は、各ホールが好きに決められるようになっています。

いつ何回抽選を実施するのかは、各店長の考え方次第です。

くじ引きの時間は店が好きな時間に決められる

さて、このパチンコファン感謝デーのくじ引きの抽選時間ですが、あらかじめ決まっているのでしょうか?

パチンコファン感謝デーを主催している「全日遊連」から、抽選時間を指定されているのかな?

 

答えは、くじ引き抽選時間は各パチンコ店の任意です。

つまりそれぞれのホールが、くじ引き抽選会を好きな時間帯に開催できるのです。

全日遊連からは、特に何も時間や日時の指定はありません。

 

パチンコファン感謝デーの前日や当日に、すでにくじ引き抽選会の日時を告知しているホールもあります。

反対に全く告知されてなく、店員に聞いても「分かりません。決まっていません。」と言われるホールもあります。

それぞれのパチンコ店が、営業戦略からくじ引き抽選会の時間を決めているのです。

だいたいお客さんが多い時間帯に、くじ引き抽選会をやるホールが多いですね。

お客さんが、ガラガラの時間帯にくじ引き抽選会をやっても、全く盛り上がらないうえに「景品出したくないのか!セコッ!」って思われるだけですので。

 

ファン感謝デーのくじ引き抽選会の時間の予想

せっかくなので、くじ引き抽選会が行われる時間帯を予想してみます。

 

毎年だいたいパチンコファン感謝デーは、金曜~日曜の3日間の開催です。

この3日間でお客さんが多い時間帯は、金曜日と土曜日の夕方。19時頃でしょうか。

そして、土曜日と日曜日の昼下がりですね。15時ぐらいかな?

僕が店長なら、まずはこの時間帯にくじ引き抽選会を行います。

 

夕方は仕事帰りのお客さんが来店しますので、どのホールも1回は夕方にくじ引き抽選会をやると予想します。

ただ、日曜日の夜~は翌日が仕事の人が多いので、お客さんの帰りが早いです。

夕方なら金曜と土曜が、くじ引き抽選会の候補の時間帯ですね。

 

そして夕方だけだと、昼間のお客さんがくじ引き抽選できません。

主婦の人たちは、夕方前に帰ってしまいますからね。

 

そこで午前中を狙うなら、土曜日と日曜日でしょう。

平日の金曜日の午前中は、さすがにそこまでお客さんは入らないハズ。

だから、金曜日なら昼~夕方前ぐらい。

そして土日の午前中辺りにも、1回はくじ引き抽選会をやると予想します。

 

普段のホールの状況を思い出してみて、お客さんが多そうな時間帯を狙ってみるといいですよ。

これが、僕のくじ引き時間の予想です。

 

 

くじ引きを1日に何回抽選するのかも決まっていない

くじ引き抽選会の時間と同じで、くじ引きの回数もパチンコ店側の自由です。

景品の数や、予想されるお客さんの数と相談して決めます。

僕は、1日平均2回~3回ぐらいかな?と予想します。

くじ引きの「ハズレ券」の枚数にも限りがありますので、5回も10回もそんなにはできませんよ。

 

それにくじ引き抽選会って、だいたい女性のホールスタッフが担当します。

くじ引き抽選会にスタッフを取られるので、その分ホールが忙しくなるのです。

だからパチンコ店としては、「そんなに何回もやってらんねー」というのがホンネなのです。

ハズレくじや、ヤクルトのゴミ回収も大変なんですよ。

特に土日は忙しくなるので、従業員からはファン感謝デーは不評です。

 

 

弱小ホールはくじ引き抽選会の時間を告知しない傾向にある

くじ引き抽選会を告知しているホールは、傾向として人気店に多い気がします。

反対にくじ引き抽選会の時間を告知しないホールは、規模が小さいホールが多い印象があります。

これは、各ホールの営業戦略なので何とも言えません。

でも僕なりに告知する、しないの理由を予想してみました。

 

大型店舗の人気店なら、そもそも普段からお客さんがたくさん来店します。

つまりくじ引きうんぬん以前に、出玉が期待できるのです。

だからくじ引きの時間帯を告知することによって、ますます集客できることになります。

 

でも小型店でお客さんがソコソコのホールは、「もしくじ引きの時間を告知してしまったら、その時間しかお客さんが来てくれなくなる」ということが考えられます。

日頃より出玉にあまり期待されていないため、「くじ引き目当てのみの来店」は避けたいです。

だからくじ引き抽選会の時間を告知しないことにより、少しでも店内にお客さんを滞在させておきたい。

そうすれば、その分お金を使ってくれるだろう、という戦略なのです。

 

僕はこう予想しますが、全国の店長さんいかがですか?

僕が店長やっていた時は、潰れそうな弱小ホールだったので、毎回くじ引き抽選会は「ゲリラ開催」でした(笑)。

もちろん、予めくじ引き抽選会の時間は決めていますが、お客さんに聞かれても「決まってません。状況次第です」とごまかしていましたよ。

 

【まとめ】ファン感謝デーのくじ引きばかり狙っているとパチンコで負ける

パチンコファン感謝デーのくじ引き抽選会は、各パチンコ店が好きに決められます。

同じく、くじ引き抽選会の回数も任意です。

 

それぞれの店長の営業戦略がありますが、僕は、お客さんが多い時間帯に開催するのでは?と予想します。

・金曜と土曜の19時頃

・土曜と日曜の15時頃

なんかが、狙い目ではないでしょうか?

 

でも、パチンコファン感謝デーは基本的に回収日なので、むやみに長時間勝負すると”お高いくじ引き抽選”になりますよ。

くじ引きを狙いすぎて、パチンコで負けてしまっては本末転倒です。

 

尚、パチンコファン感謝デーのくじ引き抽選会は、決められた期間中しか開催できません。

くじが余ったからと言って4日目の月曜日に開催したり、フライングで木曜日に開催することもできません。

ヤクルトも、4日目以降に配ることができないんですよ~。

余ったヤクルトは、スタッフ行きですね(笑)。

 

またくじ引きの景品(賞品)も、全日遊連から買ったものしか出せません。

勝手にホール側が近所の家電屋などで買ってきて、それを景品にはできないのです。

「パチロー君」が、全日遊連公認の目印となります。

 

↓ハワイアンドリームがより荒波になった「クリスマスversion」が登場!

ハワイアンドリームのクリスマスと通常版とのスペックの違いを比較してみた

ベラジョンカジノの姉妹サイト「遊雅堂(ゆうがどう)」が登場!

日本円をそのまま銀行送金で入出金ができて超便利!

8/31までの当サイト限定特典として、上記バナーからアカウント登録するだけで6,000円分の無料ボーナスを進呈!

もちろん、大人気スロットのハワイアンドリームも遊べます^^

↓ディーチェなら合法的に景品交換ができる!