家スロ(実機)を嫁に反対された!家族を説得して買った方法の体験談まとめ

フィーバー!

家スロの購入を反対してくれる嫁が欲しい、まだ独身な元店長の”ななしー”です。

 

さて今回は、家スロ(実機)を買いたいけど、家族(特に嫁)が購入に反対する・・・。

どうやったら、家族を説得して家スロ(実機)を買えるのか、うまい説得方法はないのか・・・。

 

そんな悩みに対して、実際に家族の説得に成功して、家スロを買うことができた人の体験談の口コミを集めてみました。

 

早速どうぞ~^^

 




家スロがあればパチンコに行かなくて済む

家スロ(実機)を買いたくなったきっかけは、ネットで安く買う方法を見つけたからです。

しかし、家スロ(実機)を妻(嫁)に反対されるのは目に見えていたので、妻(嫁)に「自宅でお金を使わずにスロットして満足できるなら…」と思わせる雰囲気作りをはじめました。

 

例えば「スロットは、やっぱりパチンコ店が儲かるようにできているなぁ」と嘆いたり、「パチンコ店は、隣に座る客が最悪だと出るものも出なくなるんだよな」などです。

家スロ(実機)を買うことができれば、これらの問題が解決できる旨の発言を何度か言いました。

 

そして、丸で今見つけたかのように「おお!これ(家スロ)があれば、パチンコ店行かなくてもいいじゃん!」と言って、妻(嫁)に「自宅でスロットできれば、もうパチンコに行かないけどなぁ」と思わせました。

最後に「パチンコで負けることを思えば、家スロ(実機)を買って打ちに行かなくなる方がプラスだ!」などと言って、なんとか嫁を説得できました。

 

そして、めでたく家スロ(実機)を買ったのですが、いつしか嫁のほうがハマっていました(笑)。

もしかしたら、どんな趣味も相手を巻き込む作戦?がいいのかもしれません。

これが、自分なりの妻(嫁)の説得方法です。

 

家スロ(実機)を買った後でも、もちろん私はリアル店鋪でもスロットしています(笑)。

リアルのパチンコ店で打つことを妻(嫁)に説得する方法は、家スロ(実機)を買う時と逆で、「やっぱり家スロ(実機)だとスリルが湧かない」「リアルのスロットこそが、俺の唯一の楽しみだ!」という雰囲気作りをすることです。

もちろん、このとき嫁や家族には文句を言われますが、私が楽しそうにしている姿を見せると気分良く納得してくれます。

 

私の妻(嫁)を説得して家スロ(実機)を買った方法、こんな感じでよろしいでしょうか?

 

 

家スロの面白さを嫁に伝えて一緒に楽しもうと説得する

私が、家スロをどうしても買いたくて、妻(嫁)を説得した内容を紹介します。

それは「一緒に家スロ(実機)をやってみることで、価値が必ず分かる!」と言う形で、妻(嫁)を説得したことです。

 

それまでは、やはりスロットはギャンブルと言う形で、妻(嫁)には認識されていました。

妻(嫁)の中では「ギャンブルは時間を浪費するもの」「お金を散財するもの」と言う形で、強烈に印象付けられていると思う感じでありました。

 

しかし、こんな妻(嫁)を説得するポイントとしましては、「いかに家スロ(実機)が面白いか?」を伝えることが重要です。

そして、家庭用の家スロ(実機)はお金を使わないので、経済的な損失が発生しないことと、パチンコ屋へ行く時間が節約できることを妻(嫁)に説得して反対を押し切りました。

 

更に「一緒に家スロ(実機)やろう!絶対に楽しいから!」と言う形で、一緒に妻(嫁)も楽しめる趣味であると言うのを理解させることで説得できました。

特に「一緒に家スロ(実機)をしよう!」と言う状況については、何回も説得することで妻(嫁)も応じてくれる形となりましたので、根気よく説得すれば必ず家スロ(実機)を買えると思います。

 

 

家スロで家族に迷惑を掛けないように自分の部屋に置くと説得した

家スロ(実機)は、我が家にアクロスのハナビがあります。

家スロ(実機)を購入する前は、妻(嫁)は大反対というわけではありませんでしたが、やはり多少の反対はありました。

 

妻(嫁)は一切スロットをやらないので、「家スロ(実機)なんてあったら邪魔でしょう。」と言われておりました。

が、そこは「家スロ(実機)は、自分の部屋に置きますので。」と説得を致しました 笑。

もちろんメダル不要機も取り付けて、音量も細かい調整ができるものを取り付けて、ひそひそと打っております。

家族がいる人は、なかなか家スロ(実機)の理解を得るのは難しいかもしれませんが、「家族には迷惑を掛けないので」と説得することができれば買えるかなと思いますね。

 

何だかんだと家スロ(実機)を買う方法を模索して、いざ購入して設置して遊んでいると、妻(嫁)も家スロ(実機)に興味を持ったのか「打ってみたい!」言い始めました。

妻(嫁)にスロットの打ち方を教えたりしながら、夫婦で一緒に楽しむこともあります 笑(もちろん家スロのみでですが)。

 

我が家の場合は、こんな感じで妻(嫁)を説得できましたが、この方法で皆さんが購入できるかは分かりません。

でも、意外とスロットを打ったことのない人間は、多少は興味があると思うので、そこにうまくつけ込んで「家スロ(実機)を買って、一緒に打つと楽しいかもよ?」という説得方法もありかもしれません。

 

 

具体的な約束をして嫁を説得し家スロを買った

家スロを購入するに、あたり妻(嫁)が反対した理由は3つありました。

 

1つ目は、家スロ(実機)が家にあることが恥ずかしい!ということでした。

2つ目は、子供ができた時に家スロ(実機)があることで、子供までスロットにハマってしまうのではないか?ということでした。

3つ目は、自分しか楽しめない娯楽品に、お金をかけるのが無駄!ということでした。

 

そこで妻(嫁)に理解してもらえるように、何とか家スロ(実機)を買う方法を考えました。

 

1つ目の家スロ(実機)を置く場所の問題は、自身の不用品を捨てたり整理して、人を家に招いた時に家スロ(実機)は人目につかない所に置く事を約束しました。

2つ目の子供の問題は、家スロ(実機)を置いたあとに子供が大きくなったら、1度家スロ(実機)を廃棄する事を約束。

3つ目の問題は、パチンコ店に赴いてギャンブルはせず、家スロ(実機)のみで楽しむ事を約束をしました。

こうする事で、家スロ(実機)を買っても結果的に家計の収支はマイナスにはならない事を提案しました。

 

勿論、大前提として家族との時間を1番大切にする事、そして空いた自分の時間でのみ家スロ(実機)を遊ぶ事を伝えて、妻(嫁)や家族を説得することが大切だと思います。

実際に購入後は、家スロ(実機)を置いたことで私が家にいる時間が多くなり、結果的には理解をしてもらえるようになりました。

 

 

好きなアニメがパチスロ化された!と嫁を説得した

家スロ(実機)を過去2台ほど買いました。

当たり前ではありますが、家族の中では妻(嫁)の反対が一番大きかったです。

最終的には、妻(嫁)を説得して購入を押し切ったのですが、私のその時の説得方法をお話します。

 

その説得方法とは、日頃から「自分は子供の頃からゲーム好きだった」と妻(嫁)に熱弁しておきます。

そして・・・

 

「その好きなゲームが、パチスロ化されたんだ!」

「でも、ホールで打ったら大負けするかもしれない!」

「ネットで探したら、中古で超安いのがあったんだ!」

「場所は最低限しか取らせないし、音もできるだけ小さくなるよう加工するから!」

と説得し、妻(嫁)の反対を押し切りました。

 

それでも、説得には根回しも含めて2週間くらいかかりましたが、なんとか買う事を許してもらえました。

(「2台買った」と書いたのは、”1”の次に”2”が出たからで、その時は説得にはもう少し長くかかりました・・・)

 

それと、コインホッパー音の防音加工は必須です。

かなり音がうるさいです。

家スロ(実機)を買った後に家族に反対されてしまう原因は、最小限にとどめる必要があります。

 

また、家スロ(実機)は巨大な梱包になるので、自宅に直接搬入すると妻(嫁)の神経を逆なでしかねません。

これから家スロ(実機)を買う方は、妻(嫁)の留守中に届くようにするか、営業所留めができる店がいいかもしれません。

(持ち帰るのには、大きいハッチの車か軽トラが必須ですが・・・。)

 

まとめ

いかがでしたか?

 

家スロ(実機)を買うのに反対する家族は、大抵ギャンブルをやらない人が多く、スロットそのものに理解が少ない人です。

特に奥さん(嫁)が反対する場合は・・・

 

・お金の無駄使い

・家スロを置くと邪魔になる

・音がうるさい

 

などが理由に挙げられます。

 

家スロは、パチンコ店でリアルスロットを打つよりは、断然に節約できます。

実際に打ちに行って負ければ、数万円が一瞬でなくなりますからね。

 

又、家スロ(実機)の電気代を気にする人もいますが、1日打っても数十円程度で済みます。

家スロ(実機)の購入代金ぐらいの”もと”は、すぐに取れますね。

 

確かに家スロ(実機)はデカイですが、これは自分の部屋を整理しましょう。

電源の確保ができるのなら、物置や倉庫という選択肢もあります。

家スロ(実機)は、リビングに置いても意外とインテリア(?)にもなり、スロットを打つ来客だと話のネタになり盛り上がります(笑)。

 

そして、これは絶対に対策必須の「騒音」。

家スロ(実機)を買うのなら、ボリューム調整機能は必ずつけるべきです。

 

周りがうるさいパチンコ店で、あの音の大きさですからね。

静かな自宅なら爆音が響き渡りますので、ボリューム調整機能がないと一瞬で嫁に反対されます(笑)。

スピーカーの配線を抜いて「無音」でプレイするという手もありますが、音が出ないスロットなんか打ってもつまらないですよ。

 

また、家スロ(実機)を初めて買う人が失敗しがちなのが、ホッパーのコインの払い出し音。

 

ガガガガガ!

ダダダダダ!

 

けたたましい爆音と共に、振動もスゴイです。

初めはビックリしますね。

嫁、発狂、確定です(笑)。

 

このコインの払い出し音は、「コイン不要機」というものを取り付ければ解消できます。

コイン不要機を取り付ければコインの投入や払い出し動作がなくなり、クレジット内で遊ぶことができるようになるからです。

コインを別に買って用意する必要もなく、またホッパーエラーなどの無用なトラブルや故障からも解放されます。

※通常、家スロ(実機)を買ってもコインは付属していません。買っても中古ですから、手が汚れます・・・。

 

家スロ(実機)を買うお金や置く場所の問題は、購入前に家族を説得すればいいですが、音や振動は実際に買った後に分かる問題です。

しっかり対策しておかないと、嫁さんなど家族に「やっぱりうるさいからダメ!」と反対される危険性があります。

 

通常、ネット通販で家スロ(実機)を買う場合、コイン不要機などはオプション扱いでおよそ5千円~かかります。

でも、「パチスロわっしょい」と言うネットショップなら、このコイン不要機が標準装備されていてお得に買うことができるのです。

 



「パチスロわっしょい」はこちらから

 

もちろん、ボリューム調整機能も標準装備。

スロット本体に付いている純正の音量調整スイッチよりも、より細かく音量を調整できるのでとても便利です。

夜間などに家スロ(実機)を打つ際も、微妙な音量が調整できますからね。

 

家族に家スロ(実機)を理解してもらうには、必ず必要な「コイン不要機」。

オプションで付けて買うよりも、標準装備で買ったほうがお得です。

 

 

尚、家スロ(実機)の相場は日々変動します。

特に昔の懐かしい機種は、在庫があった時に買わないと、次いつ入荷されるのか分かりません。

 

こまめにショップをチェックして、相場や在庫を把握することが大切ですね。

あと、同時に家族への「根回し」も忘れずに(笑)。

 

パチスロわっしょいの口コミや評判が気になる方は、以前書いたこちらの記事を参考にどうぞ。

 



 

「パチスロわっしょい」はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。