777タウンモバイルの会員登録のやり方をキャプチャ画像付きで解説!解約方法についても

2020年8月23日

開店待ちのヒマな時は、やっぱりスマホでゲームでしょ。

元パチ屋テンチョーの”ななしー”です。

今回は、スマホのパチンコ・スロットアプリ「777TOWNモバイル」の会員登録のやり方を、キャプチャ画像を使って分かりやすく解説します。

僕自身が実際に登録してみましたので、その手順とプレイしてみた感想も合わせて参考にして下さい。

 

「777タウンモバイル」は月額1,100円(税込)の遊び放題コースが、登録した日から7日間無料でお試しできます。この期間中に解約すれば料金は一切発生しません。

※パソコンからの人は、PC版の「777タウン.net 」をご利用下さい。

777TOWNモバイルの登録は、コチラからどうぞ。

 

  ハワイアンドリームの遊び方はこちらからどうぞ! 今なら無料ボーナスがもらえる! 姉妹サイトパーラーオンラインカジノもよろしくね!

777TOWNモバイルをAndroidで登録するやり方

僕のスマホはAndroidですので、ここではPlayストアからの登録手順を解説します。

iPhoneもApp Storeからダウンロードするだけですので、基本的なやり方は同じです。

※Android版とiPhone版では、一部遊べる機種が異なります。

 

まず、ここからGoogleのPlayストアに飛びます。

↑インストールします。

 

↑「ゲームスタート」をクリック

 

↑「無料体験をはじめる」をクリックします。

 

↑有料の遊び放題コースの説明を読みます。

登録から7日間は無料で遊ぶことができ、この期間内に解約すれば料金は発生しません。

※iPhone版は、6日間前までの解約手続きが必要です。docomo/au版には、無料期間はありません。

 

注意点として、「7日間」とは24時を基準とした時刻ではありません。

登録した時刻から7日間後になります。

つまり、7日x24時間で168時間後までですね。

※iPhone版は、6日x24時間で144時間後までです。尚、無料になるのは1人1回限り。

 

↑「定期購入」をクリックすれば、登録が完了します。

基本的に画面の指示に従えば、迷うことはありません。

僕は2020年の8月4日に登録したので、無料期間は8月11日までになります。

 

 

↑無事、777TOWNモバイルの登録が完了しました。5分も掛からなかったです。

 

↑メールでも確認の案内が届きましたが、ちゃんと「0円」になっています。

777TOWNモバイルはスマホアプリなので、登録方法はカンタンですね。

 

↑777TOWNモバイルの必要動作環境です。

後述しますが、僕のようなショボイスマホだと高画質の演出がキツイです。

また、SDカードは必須だと思います。

 

777TOWNモバイルの登録は、コチラからどうぞ。

 

777TOWNには無料コースと有料の遊び放題コースがある

777TOWNには、無料コース有料コースがあります。

その違いですが、無料コースだと遊べる機種が限定されており、さらに「1日〇〇ゲームまで」と言うようにプレイ数にも上限があります。

 

対して有料の遊び放題コースは、その名の通りパチンコ・スロットともに全機種を無制限で遊ぶことが可能です。

今回の僕は、まず無料コースで試しに遊んでみて、その後に有料コースに登録しました。

(もちろん初めから、有料コースに登録することもできます)

 

尚、777TOWNモバイルは「スリーセブン タウン モバイル」と読みます。

モバイルですから、スマホ用ですね。

Android・iPhone両方に対応しています。※一部、遊べる機種に違いがあります。

 

似たような名前に「777TOWN.net」と言うゲームがありますが、こちらはパソコン版です。

今回紹介するのはスマホ版の「モバイル」の方で、パソコン版とは別で登録が必要です。

 

無料コースは遊べる機種が限定されプレイ数にも上限がある

まずは、無料コースで遊んでみました。

無料コースの登録は、先ほどの遊び放題コースを選ぶ前の画面からできます。

 

↑分かりづらいですが、「こちら」をクリックすると無料コースが登録できます。

※遊び放題コースの無料”体験”と、無料”コース”とは別モノです。

遊び放題コースは有料ですが、初めの7日間だけ無料体験できます。

対して無料コースは、そもそも無料です。

 

僕が登録した2020年8月4日の時点では、パチンコ・スロット合わせて無料コースで遊べた機種は、スロットの4号機の初代アラジンAのみ。

プレイ数も、1日500ゲームまでの制限付きです。

まあ、アラジンAは実機まで買った大好きな機種なので良いですが、実際にどの程度まで再現されているか気になります。

※アラジンAを遊んでみた感想は、この記事の後半で書いています。

 

↑赤枠の「無料コース対象」機種が遊べますが、現時点ではスロットのアラジンAのみですね。

 

ゲーム内をザックリと触ってみましたが、やはり無料コースだと色々と制限があるようですね。

777TOWNは他のプレイヤーとチームを組んだりできますが、無料コースだとチームに参加することができません。

無料コースはかなり遊べる範囲が限定されていて、”体験版”と言った感じでしょうか。

 

↑黄枠のように、無料コースでは1日のプレイ数の制限もあります。

 

↑だそうです。

 

有料コースは全機種遊び放題でプレイ数の制限はない

対して有料コースは、月額1,100円(税込)の「遊び放題」となっています。

その名の通り、パチンコ・スロットともに全機種が制限なく遊べます。もちろん、ゲーム数にも上限はありません。

 

無料コースだと、スロットのアラジンAを1日500プレイだけしか遊べません。

せっかくなら4号機の初代吉宗や北斗の拳、そしてもちろんパチンコも打ってみたいです。

他のプレイヤーとのチーム戦やアイテムのトレード・交流掲示板などもあるので、遊び放題コースの方が楽しむ幅がより広がりますね。

 

無料コースはあまりにも制限が多すぎるので、777TOWNモバイルを遊ぶなら有料コースだなと感じました。

有料コースは月額1,100円(税込)ですが、実際にホールで打って当たらなければ5分で千円が消えますので、そう考えれば1か月1,100円(税込)はお得だと思います。

777TOWNモバイルは1パチ5スロよりもコスパ良いですね。

 

↑遊び放題コースでは、1台1回に付き10,000ゲームまで遊べます。

もちろん、一度清算すれば同じ機種を何度でも遊べますよ。

 

有料コースは登録から7日間は無料でお試しで遊ぶことができる

有料コースがおすすめと言っても、いきなり課金するのはチョット…ってなります。

しかし777TOWNの有料コースは、登録から7日間は無料で”お試し”として遊ぶことができます。

もし登録して気に入らなければ、Android版なら7日間以内に解約すれば料金は一切発生しません。

 

※iPhone版は、6日間前までに解約手続きが必要です。docomo/au版には、無料期間はありません。

解約の方法は、この記事の最後に説明してあります。

 

有料コースでもまずは0円で登録することができ、7日間が経過した後に1,100円(税込)が課金されます。

つまりこの7日間以内に解約すれば、その間はタダで有料コースを遊ぶことができるわけですね。

777TOWNは、あのサミーグループが運営しているのも安心して登録できる点だと思います。

 

↑iPhone版では、登録から6日間経過する前に解約の手続きが必要です。

Android版とは期限が違いますので、間違えないようにして下さい。

 

777TOWNモバイルの登録は、コチラからどうぞ。

 

月額1,100円(税込)の遊び放題コースが、登録した日から7日間無料でお試しできます。

このお試し期間中に解約すれば、料金は一切発生しません。

 

スロットの4号機アラジンAを777TOWNで打ってみた

いくら有料コースでも、そもそもゲームの内容がクソだったら価値がありません。

結論から先に言うと、777TOWNの完成度の高さにマジでビビった訳ですが、僕がこの手のゲームで一番気になるのはスロットの再現度(移植度)。

リールの見え方や目押しの感覚など、ホールの実機をどれぐらい再現できているかが一番のポイントだと思います。

 

「リール図柄の見え方が、実機とぜんぜん違う」って言うゲームが過去にはいくつもありました。

また、目押しの感覚が明らかにおかしいゲームもあります。

ボタンを押したところで反応しないのはザラで、押したけどリールの”スベリ”がおかしいとかもあります。

 

そもそも、図柄の見え方が実機と違いすぎるので、目押しなんてできたもんじゃありません。

スロットの一番の醍醐味である目押しを再現できていないゲームは、僕はク〇ゲーだと思っています。

 

スロットのリール図柄の見え方は実機を良く再現されている

しかし、この777TOWNのスロットの再現度には、正直かなり驚きました。

今回は有料コースにも登録しましたので、アラジンAの他にも当時アホみたいに打ち込んだ吉宗も遊んでみました。

いや~、これがリールの見え方や目押しの反応などが、実機をそのままリアルに再現されているんですよ。移植度は、かなり高いと言えますね。

(これってもしかして、実機をそのまま取り込んでいるのかな?)

 

ボーナス図柄はもちろんのこと、ちゃんと小役ひとつひとつも見分けることができます。

設定でリールの回転速度を変えることもできますし、図柄の”残像”をなくすこともできます。

 

このリール図柄の見え方は、その人の動体視力により差がありますが、少なくとも777TOWNは、今までで一番実機を再現させたゲームだと感じました。

こればかりは言葉では伝わらないので、一度ゲームをダウンロードして実際に打って見て欲しいですね。

 

↑見た感じは、筐体もリールも実機を取り込んでいるように見えます。

しかし、本当にすごいのは実機と同じ感覚でリール図柄が見えて、狙ったタイミングで目押しができると言う点です。

ちなみに液晶画面(ドット画面)は、拡大することができます。

 

目押しの反応やタイミングも実機を忠実に再現されている

リールの見え方の再現度が高くても、目押しの反応がショボかったら意味がありません。

でも、ここはさすがサミーさん。

777TOWNは目押しの反応もバッチリで、ちゃんと自分が狙ったところで反応して停止することができます。※もちろんリール制御でスベリます。

「あ、目押しできてる!」って感じですね。

 

リールの図柄は実機とほぼ同じように見えて、ストップボタンの反応も文句ナシ。

この移植のデキなら、有料コースでお金を払ってもいいかな?って思いました。

 

尚、

「スマホの画面のあの小さいストップボタンじゃ、押しづらいんじゃね?」

って思った人、安心して下さい。

777TOWNのスロットでは…

 

MAXベットボタン

スタートレバー

左・中・右の各ストップボタン

 

画面上のアイコンが、それぞれちゃんと反応します。

例えばレバーをクリック(タップ)することでリールが回るのです。

ここまで忠実に再現されているですね。

 

ただやはりスマホの画面なので、各アイコンが小さいのは否めません。

このように小さくて押しにくい時は、スマホの画面のどこでもいいので押すと、ベット → レバー → ストップボタンの順に反応してくれる仕組みになっています。

 

例えば、リール部分をトントントンとクリックするだけで、ベット → レバー → ストップボタンと動作するわけですね。

これならスマホの画面が小さい人や、指が太くて押しづらい人でもストレスなく遊ぶことができます。

※環境設定を変更すれば、リールが停止する順番を中押しや逆押しのように変更することも可能です。

 

↑リールの押し順を変更できるのは、便利な設定ですよね。

ウェイトカットも可能なので、サクサク遊ぶことができます。

 

オートプレイが優秀で目押しが正確な上にリプレイハズシまでやってくれる

スマホのスロットゲームには、決まってオートプレイ機能がありますよね。

でも、このオート機能がアホすぎて使い物にならないって言うゲームが多いです。

本当に目押しなど一切しない”オヤジ打ち”しているだけなので、コインロスが酷すぎます。

 

でも、777TOWNのスロットのオートプレイ機能は優秀です。

僕が今まで遊んだゲームの中では、一番使えるオート機能ですね。

 

まずは、通常時。

毎ゲームちゃんと小役を狙って打ってくれるので、取りこぼすことはありません。

もちろんボーナスが確定すれば、BIGでもREGでもすぐに揃えてくれますよ。

 

ボーナス中も、このオート機能は役立ちます。

アラジンAでBIGをオートで消化していたんですが、3回目の小役ゲームに入ったらなぜか中押しを始めたんです。

なんで?って思ったら、リプレイハズシだったんですね。

さすがにこれには、スゲーって思いました。

僕もかなり昔のことなので、手順とか忘れてましたからね。

 

ATも、ミスることなくバッチリ消化してくれますよ。

押し順ナビって、打ってると作業感が強くてめんどくさくなってきますが、これこそオート機能を利用すれば押し間違えることなく消化できます。

 

777TOWNモバイルは、ゲームでスロットを打つうえで重要な部分をしっかり再現し、さらにスマホの弱点を感じさせない仕様になっている「痒(かゆ)い所に手が届くゲーム」。

そんな造りに仕上がっている印象ですね。

 

↑オートでリプレイハズシをやってくれるので、BIGの獲得枚数が増えました。

 

777TOWNは画面ロック機能やデータカウンター機能も充実

実際の画面を見てもらえば分かりますが、777TOWNにはデータカウンターが付いています。

回転数やボーナス回数が一目で確認でき、スランプグラフも記録されています。

この辺りは、ショボイパチ屋よりも充実しているかもしれません(笑)。

 

あと、画面ロック機能があるのが嬉しいですね。

右上の「HOLD」を押すと画面が反応しなくなるので、オートプレイ機能のままポケットやカバンに入れても誤作動せずに済みます。

プレイ内容に応じて経験値がもらえ、プレイヤーのレベルも上がっていくので、毎日コツコツと遊びたい人にはこの機能はありがたいですよね。

 

↑アラジンAの次に4号機の初代吉宗を打ったんですが、1G連してわずか400ゲームちょっとで4,000枚ぐらい出ました。

これが、MAX711枚ストック機の破壊力です。5号機なんて生ぬるい。

 

777TOWNモバイルの登録は、コチラからどうぞ。

 

月額1,100円(税込)の遊び放題コースが、登録した日から7日間無料でお試しできます。

このお試し期間中に解約すれば、料金は一切発生しません。

 

777TOWNでパチンコの真・北斗無双2を打ってみた

次にパチンコの「CR真・北斗無双第2章」で遊んでみました。

機種によっては、「通常版」と「軽量版」との2つがあります。

グラフィック演出の細かさ(綺麗さ)の違いですね。

 

↑通常版と軽量版では、データの容量が約2倍ぐらい違います。

軽量版は、液晶画面の表示が若干粗くなります。※大当たり確率などのスペックは同じです。

 

まずは、通常版をダウンロードして起動してみましたが…、ダメです。

僕のスマホでは、北斗の液晶演出が重たすぎるようで、カクカクしてうまく動きません。

※僕の使っているスマホは、富士通のarrowsのF-03Hです。

メーカーさんには申し訳ないですが、スペックから言うとかなりショボイです。

普段ネットを見ている時でも、もっさりとした動作ですね…。

 

よく考えてみたら、最近のパチンコ・スロットは演出がキレイですよね。

この部分だけ見れば、ネトゲで遊んでいるみたいなもんです。

やはり、スマホのGPU(SoC)性能が低いとカクカクなってしまうようです。

 

反対に言えば、これはそれだけ移植度が高いことにもなりますが、今の遊技台のグラフィック性能はすごいなとも思いました。

う~ん、スマホ買い替えようかな。

 

で、通常版をアンインストールして「軽量版」をインストール。

軽量版なら、僕のスマホでも問題なく動きました。

ちょっと液晶の画質が粗くなりましたが、ぜんぜん違和感はないですね。

 

パチンコ玉の動きですが、こちらもスロットのリールのように良く再現されていると思います。

玉が打ち出される音とか、釘に絡む音なども本物ソックリですね。

オート機能を使えば、保留ランプ満タンでちゃんと止め打ちもしてくれますよ。

あと、演出時にはちゃんと「チャンスボタン」が出てきます。

 

ホールで回らない釘で打つとイライラしますが、777TOWNなら純粋にリーチ演出などが楽しめます。

パチンコも、スロットに劣らず再限度(移植度)が高いですね。

 

↑チャンスボタンも、忠実に再現されています。

※画像は、軽量版のものです。

 

777タウンモバイルで海物語沖縄4を遊んでみた

北斗無双も人気ですが、やはり海物語シリーズをはずすわけには行きません。

現在、777タウンモバイルでは海物語沖海4を遊ぶことができます。

インストール~基本的な操作方法は、先ほどの北斗無双と同じです。

 

↑こちらも、パチンコ実機のゲーム性を忠実に再現しています。まんま沖海4ですね。

右の画像のように画面を拡大することもできますので、リーチ演出や玉がスタートに入る所が見やすくなります。

 

もちろん各モードを選ぶこともでき、チャンスボタンも登場しますよ。

実際のホールと違ってグルグル回るので、ストレスなく沖海4を楽しむことができます。

 

スマホの容量不足には要注意!SDカードは絶対にあった方が良い

これ、実際に777TOWNモバイルで遊んでみて気付いたのですが、各機種をダウンロードすると意外とスマホの容量を食います。

アラジンAや吉宗、あとパチンコの初代「CR花満開」など昔の台は、かなり容量が軽い(少ない)です。

液晶がシンプルだったり、ドット表示だったりするからです。

 

↑懐かしのCR花満開。このような液晶非搭載の機種は、データ容量もかなり軽いです。

 

でも、最近の機種は演出がキレイで凝っているので、そのぶん容量が重たい(多い)んですよね。

僕は、スマホ本体の記憶容量が一杯になってしまいましたので、途中からSDカードに保存しました。

 

しかし、それでも数機種ダウンロードすると一杯に…。

せっかくの遊び放題コースなので、全部の機種をダウンロードしたいと思っています。

いらないデータを削除するか、新しく容量の大きいSDカードを買う必要がありますね。

SDカードは必須だと思いました。(最低32GBは欲しいかな?)

 

↑各機種のデータ容量にご注目。

4号機のドット表示のアラジンの容量は、わずか17MB。

対して、5号機以降の液晶が派手な機種は、2~4GBも容量があります。

単位を見て下さいね。MBとGBですから1,000倍違います。

アラジンAは、0.017GBです。

 

777TOWNを無料コースから有料コースに登録する方法

僕は、まずは無料コースで遊んでみてから、次に有料の遊び放題コースに登録しました。

その時の手順を紹介します。

 

↑右下の「メニュー」をクリック。

 

↑「次へ」で2ページ目へ進みます。

 

↑「設定」をクリック。

 

↑「コース変更」をクリック。

 

↑すると、インストール時のこの見慣れた画面が出てきますので、「無料体験を始める」から登録して下さい。

 

777TOWNモバイルの有料コースの解約方法を解説

登録した777TOWNの有料コースを解約する時は、単にアンインストールするだけではダメです。

Androidなら、Playストアから定期購読を解除します。

 

777TOWNモバイルは、登録から7日間に解約すれば料金は一切発生しません。

解約を忘れると、そのまま自動更新されますので気を付けましょう。

※iPhone版は、6日間前までの解約手続きが必要です。docomo/au版には無料期間はありません。

 

↑777TOWNモバイルの解約は、アプリ内からではなくPlayストアの「定期購入」から解約します。

 

↑777TOWNモバイルを選んで、一番下にある「定期購入を解約」をクリック。

 

↑ファイナルアンサーされますので、もう一度「定期購入を解約」をクリックすれば解約完了です。

登録する時以上に、解約手続きはカンタンですね。

 

777TOWNモバイルに登録しようか迷っている人は、7日間の無料体験をぜひ利用してみて下さい。

実際にホールで打つことを考えたら、月額1,100円(税込)でここまで遊べるのはかなりお得です。

検定が切れた昔の機種がここまでリアルに再現されているので、4号機を知らない若い人たちには特におすすめしたいですね。

 

777TOWNモバイルの登録は、コチラからどうぞ。

 

「777タウンモバイル」は月額1,100円(税込)の遊び放題コースが、登録した日から7日間無料でお試しできます。この期間中に解約すれば料金は一切発生しません。

※パソコンからの人は、PC版の「777タウン.net 」をご利用下さい。