5号機が撤去されてなくなったらどうする?スロットを引退してやめるのか口コミまとめ

2020年11月25日

6号機に飽きたらオンラインカジノのスロットで勝負!

今回は、「5号機が撤去されて無くなったらどうする?」と言う口コミを集めてみました。

・5号機がなくなったら、みんな6号機を打つのかな?

・中には、他のギャンブルに移行する人もいる?

・いや、スロットを引退する人も出て来るでしょう…。

こんな疑問ってありますよね。

5号機撤去後にどうしようか迷っている人は、今回の口コミを参考にして下さいね。

 

【先にまとめ】

先に口コミの要点をまとめておくと、そのままとりあえず6号機を打ち続ける人が多いです。

 

凱旋がなくなり年明けには沖ドキも撤去される

この記事は、以前書いたものです。

しかし、刻一刻と5号機の撤去期限が迫るにつれて、スロッターの人たちの考え方も変わって来ていることでしょう。

そこで、改めて2020年11月現在の「5号機が撤去されてなくなったらどうする?」の口コミを集めてみました。

 

現在、凱旋が全国から撤去されている真っ最中です。

そして2021年の年明け早々には、沖ドキもなくなってしまいます。

 

6号機の方はと言えば、先月10月に出た吉宗3はイマイチ不評で、11月に登場したばかりのMHWも「なんだかなぁ…」と言う声が聞こえて来る状況。

スロットの未来は、確実に暗いです。

…あなたはどうしますか?

 

5号機が撤去されたら出玉制限のないパチンコへシフトする

5号機が撤去されてなくなってしまったら、パチンコへシフトしていきます。

確かに6号機にも魅力的なシステムの台や、面白そうな台は何台もあります。

しかし、パチンコ・パチスロを打ちに行く根本の理由「勝ちたい」という所を考えると、6号機はこれが非常に難しいからです。

設定がしっかり入ると分かっているお店で稼働をしても、6号機は勝てる確率が、5号機に比べてぐっと下がると私は考えています。

例えば6号機は初期投資がかさんでしまうと2,400枚制限のせいで、一撃で回収することがなかなか難しくなるなどです。

 

これに比べてパチンコは、出玉スピードに制限はかかっているものの、一撃出玉の制限はまだありません。

同じ金額を使って勝負するのであれば、明らかにパチンコの方が勝率が上がると思います。

また、パチンコは大当たりが引けるか?引けないか?が勝負になりますが、6号機スロットのほとんどは、当たり後の何%を引けるか?の勝負になります。

そのぶん勝つまでのハードルが高いので、6号機を打つぐらいならパチンコの方が勝負になると思います。

(5号機世代で、休みの日はほぼ毎日ホールへ通っています。30代男性)

 

6号機は勝てないので釘を覚えれば勝てるパチンコにすでに乗り換えた

初代絆が無くなり凱旋が全国で次々と撤去され、スロットは本格的に熱い台が無くなっています。

私は、すでにパチンコに乗り換えました。

私の周りの知人も、5号機がなくなるに連れてパチンコに乗り換える人が増えています。

パチンコだと北斗無双や大工の源さん韋駄天が甘いので、初心者でも比較的勝ちやすいと思います。

最近のパチンコには天井があり、昔よりも勝ちやすくなっている点もオススメです。

 

5号機を打ってた身からすると、6号機はつまらないし勝てないし辛いです。

これからもっと辛い台が増えていくので、勝つのがどんどん難しくなって行くと思います。

今まではずっとスロットでしたが、パチンコは釘の見方を覚えたりすると比較的勝つことができます。

5号機が完全になくなれば、スロットを辞める人が増えそうですね…。

(5号機世代でバジ絆の実機を家に置いてます。20代女性)

 

 

5号機がなくなってもそのまま6号機を打つ

今現在は、5号機と6号機を半々の割合で打っています。

5号機が撤去されなくなっても、恐らくそのまま6号機を打つと思います。

 

昔の4号機の時は、財布に10万円を入れて大勝ちや大負けを繰り返していました。

5号機になってもそれに近い遊び方をしていて、精神的にもきつい遊び方です。

これに比べて6号機は、コイン持ちが良いので長くまったり遊べます。

大勝ちはあまり期待できないですが、本当に遊び程度の感覚で1~2万円勝てたら満足できる、という思考に変わってきました。

 

6号機の中にも設定次第では万枚を目指せる機種もあります。

5号機のような刺激が欲しい人は、そういう機種にチャレンジするのもいいのではないでしょうか?

今の自分の6号機の立ち回り方は、1日ブン回すのではなくてプラス域に行けばさっと勝ち逃げするスタイルです。

トータル的には、5号機と6号機の収支はさほど変わっていません。

(パチンコ歴は20年以上。40代男性)

 

5号機撤去後はジャグラーを打つが引退するかも…

基本ジャグラーしか最近は打ってないので、5号機撤去後もそのまま6号機のジャグラーを打つと思います。

ただ、設定が全く入らなかったり出玉感が全くないようであれば、スロットを引退すると思います。

今のところ、6号機になってから打ちたい機種が全くありません。

初当たりが重い割には2,400枚規制があるので、どんなすごいヒキをしても勝てる気になれないからです。

 

今は、パチンコの方が出てると言われてます。

パチンコはボーダーを超えていれば、長い目で見れば収支はプラスになります。

しかしスロットのような設定がないので、自分には向かないなと思っています。

なので、5号機がなくなったらパチンコにはシフトせずに、ギャンブル自体を引退しようかと思っております。

2,400枚規制がなくなればいいですね。

(5号機世代で平日は毎日仕事終わりに、休日は朝から打ちに行ってます。30代男性)

 

 

5号機がなくなったらとりあえず6号機で様子を見る

5号機がホールから撤去されれば、とりあえず6号機で様子を見てみます。

6号機は設定推測がしやすいし、ハイエナ狙いがしやすいです。

しかし、6号機は負けにくいですが勝ちにくくもあり、時間と労力が見合いません。

それに正直、打っていても楽しくないのが本音です。

 

5号機の射幸性が高い機種がなくなれば、他の客もスロットから離れるんじゃないかなと思います。

ホール側も客が減って稼働が下がれば、それだけ売上も下がります。

そうなれば設定を入れたがらないから、なおさら勝てなくなるだろうと思います。

 

世の中のスロット人口が年々減っている中、パチンコ店の全体的な売上はそんなに下がっていないとネットで見ました。

要は、結局一人当たりの勝ちが減り、負けが増えているのだと思います。

6号機を打つぐらいなら、パチンコを打つ方がマシかもしれません。

(今年は1年で250日スロット打ちに行ってます。40代男性)

 

 

ディスクアップがなくなるまでは打つが競艇に移行するかもしれない

4号機から5号機に移り変わった時もそうでしたが、今の移行時はメーカーやホールも試行錯誤している最中だと思います。

自分は、現在ディスクアップ専門に打っています。

撤去期限ギリギリまでは、ディスクアップのみで頑張るつもりです。

そのディスクアップが撤去される頃になると、今とは違ったゲーム性や出玉性能の台が、出て来ているのではないかと少し期待しています。

 

5号機が完全になくなればホールに行く回数は減るでしょうが、6号機でも新たに打てる台が出てきた場合は、そっちに移行する事も考えています。

ただ、やはり面白い台や打てる台がない場合は、一旦スロットを打つことを辞めてボートレース(競艇)に移ることも考えています。

ボートレースならパチンコやスロットのように店舗に行く必要がなく、口座に入金さえしておけば携帯電話ですぐに投票できて便利だからです。

(4号機中期〜終盤にスロットを覚えたスロ歴15年です。30代男性)

 

6号機の規制が緩和されなければ引退するかもしれない

4号機から5号機に変わる時に、スロット離れが起こるのは分かっていました。

最初の方に出た5号機は、やはり機械割も低くキツイ感じでした。

ギリギリまで4号機を打っていましたが、そのうち5号機とは思えない機械割が高い台が出て来て、それで何とか食べていけるぐらいだったのでスロットを続けました。

恐らくですが、6号機もしばらくは厳しいと思います。

5号機の時のように少しづつ緩和されて行くとは思いますが、緩和されなければ私はスロットをやめるかもしれません。

 

今はコロナの影響で、どこのパチンコ屋さんも設定が入っていない状況です。

コロナが落ち着いたら、どうなるのかも気になります。

来年2021年の業界の動き次第では、スロット引退も頭に入れています。

今は、ギリギリまで5号機で行きたいとは思っていますが、時にはパチンコの遊タイム狙いで打つのもありかな、と思っています。

(スロ歴15年で昔は専業でやっていました。30代女性)

 

 

5号機がなくなったらモンキーターンのような台を打つ

ハナビが大好きで、毎日ハナビばかり打っています。

もうすぐ撤去されるのでそれまでは打ち倒そうと思いますが、ハナビがなくなった後は正直どうしようかなと思っています。

6号機のすべての台が面白くないわけではないですが、出玉制限がありハマった時に取り返せないので、凱旋のような一撃万枚の興奮がないのが面白みに欠けるのです。

 

ただ6号機のモンキーターンは、ラウンドを重ねて行ってじわじわと増えるタイプなので、そこまで出玉制限が気になることはありません。

5号機がなくなった後も、これからも打っていける台の1つかなと思っています。

やはりパチスロが好きなので、他のギャンブルに手を出すよりも自分が打てそうな6号機の台を探して、引き続きパチスロを打ち続けると思います。

(仕事帰りに毎日ハナビ。40代男性)

 

 

【結論】5号機がなくなったらパチンコが今よりも出なくなる可能性がある

スロットには、目押しなどスロット独自の楽しみがあります。

いくら5号機がなくなったからと言っても、そう簡単には他のギャンブルに移行できるものではありませんよね。

僕は昔から競馬もやりますが、同じギャンブルでも競馬とスロットとは全く楽しみが違います。

そもそもパチンコは好きだけど、スロットは一切打たない人もいるぐらいです。

とりあえず皆さん、5号機撤去後はしばらく6号機の様子を見るって感じですね。

 

最後に、僕なりの考えをちょっと書いて終わります。

口コミにもありましたが、5号機がなくなればホールの売上は確実に減少します。

そうなれば、今までと同じように出す(還元することは難しいです。

今の6号機の設定状況は、5号機があってこその設定です。

これがオール6号機になれば、その中でホールは利益を抜かなければいけないので、6号機の設定状況は今よりも厳しくなると思います。

 

また、5号機完全撤去後のスロットが何ともならなくなってしまった場合は、パチンコから利益を取ることも予想されます。

業界の過去を振り返っても、パチンコがダメな時はスロットで抜く、反対にスロットがダメな時はパチンコで抜く、を繰り返して来ました。

パチンコ島を潰して、スロットを増設したホールを見たことありますよね。

 

現在は、パチンコの方が希望が持てる状況です。

源さん韋駄天なんか、よく検定通ったなっていうぐらい時代に逆行している台です。

だからと言って、「じゃ、5号機がなくなったらパチンコで」では、僕は考えが甘いと思っています。

恐らくホールとしては、スロットで抜けなくなった分の利益をパチンコで抜いて来るでしょう。

釘は、今よりも渋くなると思います。

 

余談ですが、僕はこのブログの他にもう一つブログを運営しています。

6号機に失望した人へ向けて、オンラインカジノのスロットについての内容です。

 

他のギャンブルへ移行するのもいいですが、単純に還元率を比べた場合、実はオンラインカジノが一番還元率が高いのです。

(つまり勝ちやすく負けにくい)

競馬や競艇など公営ギャンブルは、法律で還元率が約75%と決められています。

宝くじは税金こそかかりませんが、還元率が45%と言う信じられない数字です。

 

パチンコ・パチスロは、約80~90%ぐらいでしょうか?

今は厳しいので、もっと低いかな?

機械割自体はこれよりも高いですが、パチンコ・パチスロは換金手数料があるので、お客さんの手残りとしては少なくなります。

ちなみに僕は、パチンコの利益率40%(還元率60%)という、超ボッタクリ営業をしていたこともあります。

 

 

で、オンラインカジノのスロット「Hawaiian Dream(ハワイアンドリーム)」の還元率は約97%です。

換金手数料はなく風営法も関係ないので、4号機や裏モノ以上にギャンブル性が高いのが特徴。

スマホからできるので、時間の節約にもなります。

オンラインカジノの違法性やパチスロとの比較についても説明していますので、興味のある人は一度読んでみて下さい。

下にリンクを貼っておきます。

 

 

ハワイアンドリームがより荒波になった「クリスマスversion」が登場!

ハワイアンドリームのクリスマスと通常版とのスペックの違いを比較してみた